スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【震災】キオクとキロクのタッグマッチが必要な時期になってきた:2014年3月11日




昨日、六本木ヒルズで開催されている企画展を見てきました。

六本木ヒルズで震災展示-グーグルが写真とストリートビューで@六本木経済新聞

六本木ヒルズ大屋根プラザ(港区六本木6)で3月5日、震災前の町並みやイベントの様子、震災後の風景などの写真を展示する「震災から3年、キオクと復興の今~ 写真とストリートビューでたどる震災と復興の3年間」が始まった。主催はグーグル(六本木6)。



震災から3年、キオクと復興の今 ~写真とストリートビューでたどる震災と復興の3年~@六本木ヒルズ

残念ながら今日までです。
場所も、大屋根プラザという少々地味な場所なので、ヒルズに行ったけど気が付かなかったという友人もいました。

震災から 3 年、キオクと復興の今~ 写真とストリートビューでたどる震災と復興の 3 年間。

パーソンファインダーに始まり、被災を記録したストリートビュー、そしてインターネットを通じた復興支援へ。 3 年間で移り変わった東日本大震災と Google の関わりを展示でご紹介します。毎日開催のトークショーでは、ストリートビュー撮影の裏側や、津田大介さんが登壇して新しい東北との関わり方等をご紹介。東北の美味しいお酒もお楽しみに。




そして、常設サイト「未来へのキオク」では、スペシャルサイト「あの日から3年」も開設中。
これは、イベント会場でも見せていた「震災前、震災直後、現在」の3つの時間で同じ場所のグーグルストリートビューが見られるサイト。

これを見てショックを受けない人はいないと思いますので、見るのは注意が必要です。
でも、見ないではいられません。見て考えずにはいられません。

こうした「キロク」が「キオク」を補完することはもちろんで、3年目の今、薄れがちな「キオク」のためにも「キロク」が必要な時期になってきたなと実感しました。

これは、震災に限った話ではなくて、身近な話としても、家族のキロクが家族のキオクを補完したり、補強したりするので写真をとってプリントしておくというのは重要だなと思い直しています。

人は忘れてしまうわけですし、年をとると思い出せなくなってしまうわけですから。
キオクの外部補完(=外部保管)としてのキロクの必要性と、その強さを感じたイベントでした。

イベントは今日までですが、サイトはグーグルが残してくれそうですので、折にふれてみてはいかがでしょう。
そして、寄付した気分になれないとは思いますが、3.11をヤホーするといいらしいです。


【花粉】備忘録:2014年の花粉症は1月22日から



毎年もらっている花粉症の薬。
今年は、昨日初めて行って来ました。

飲みクスリは、アレロック。
点眼薬は、インタール点眼液2%

去年は、18日でした。

【花粉】備忘録:2013年の花粉症の薬は1月18日から

去年は多かったんですが、今年は少なめだそうです。

平成26年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第1報)について(お知らせ)@環境省

環境省が実施している平成25年度花粉症に関する調査・検討業務による、平成26年春のスギ・ヒノキ花粉総飛散量予測及びスギ・ヒノキ花粉飛散開始時期予測(第1報)を公表します。
 (1)スギ・ヒノキ花粉総飛散量は、例年と比較して、北海道と四国九州の一部で例年並みかやや多くなりますが、その他の地方は例年よりも少なく、とりわけ、東北地方南部から関東北部、北陸と東海地方では例年の50%以下の所が多くなると予測されています。平成25年春(前シーズン)と比較すると、一部の地域を除き、全国的に少なくなると予測されます。
 ただし、例年より少ないと予測される地域でも、花粉症に対し十分な注意が必要な花粉総飛散量である県が多いと予測されるため、例年比や前シーズン比での増減に関わらず、花粉飛散量の予測値に基づいた早めの花粉症予防対策等が必要と考えられます。
 (2)スギ花粉の飛散開始時期は、全国的に前シーズンよりやや遅く、例年並みか例年よりもやや遅くなると予測されます。なお、本予測(第1報)は、現時点で得られた気象データ、気象庁の季節予報、及び前年の花粉飛散量等を踏まえて作成されたものであり、1月下旬頃に最新の気象予報を踏まえ、より精緻な予測(第2報)を公表する予定です。さらに、花粉の飛散開始時期をより実態に即して予測し、花粉症予防及び治療を効果的なものとするために、2月中旬頃にも最新の気象予報を踏まえて補正した予測(第3報)を追加して公表する予定です。



今年は少なめで2月上旬からというのに、何故私は、もう目が痒かったりしているんでしょうね。
いつも不思議です。

2014年春の花粉飛散予測(第3報)@tenki.jp

2014年春のスギ花粉の飛散開始は、九州や東海地方の早いところは2月上旬、四国、中国、近畿や関東地方は2月中旬の見込みです。各地の飛散開始は概ね例年並みの時期ですが、北陸や東北の日本海側は例年より遅いでしょう。


chart_large_2014.jpg
chart_large_2014_2.jpg



花粉症の薬に新しいものがでたというニュースがある当たり、すっかり季節の風物詩ですね。

スギ花粉症、自宅療養で根治も-鳥居薬品の「舌下液」が初承認@日刊工業新聞

舌の下に投与するスギ花粉症用の減感作療法(アレルゲン免疫療法)向け治療薬が、日本で初めて製造販売承認を得た。鳥居薬品が開発し、承認を申請していた。アレルゲンとなる花粉の成分を舌の裏側に垂らして体内に吸収させ、アレルゲンに徐々に慣れさせて過敏な免疫反応が起きないようにする。スギ花粉症の根治につながる可能性がある減感作療法用の承認薬は従来、注射剤しかなかった。新薬なら患者が自ら服用でき、自宅療養で根治が期待できそうだ。



減感作療法の一種のようですね。
時間がかかるのですが、身体をならしてしまうということで副作用に気をつければ、効くそうです。
今は、注射で行うのが、舐めるのであれば負担が少ないということですね。

花粉よけのメガネの季節になってきます。


マスクも欠かせません。

今年も、こういうのにお世話になるんだろうなあ。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 150枚入

ユニチャーム
売り上げランキング : 170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【感謝】2014年の誕生日の記録




今年の誕生日は、昨年以上に地味でした。

1月5日が日曜日だった今年は、燃えるゴミの今年最初の回収日なので、ゴミ出しから。
年末年始でたまったゴミが45リットルのゴミ袋に4袋ほど。
妻がゴミ出ししたついでに、近所のパン工場にフランスパンを買いに行って、年末に注文して昨日到着した山野井ハムの福袋で買ったハムを食べました。

私は、食後、和光までゴルフの練習に行って、帰りに新宿三丁目でラーメンを食べてミイルでアップして、家に帰ってきて年始に買ったゴルフクラブの感想をブログに書いて一休み。

年末年始のテレビが本当につまらなくて、録画しておいたNHKの歌舞伎座中継や狂言・豆富小僧なんかを見ていました。

夕食は、おせちの残りとお雑煮。
年末に引いた出汁がもうさすがにダメでだしの素なんかで作ったらば、かなり美味しくない。
おせちも、3日に友だちが食べに来たので、もうほんの少ししか残っておらず、かまぼこと伊達巻と田作くらいを日本酒とビールで流し込む。

風呂でも入ろうと思った頃に、見始めたイッテQが殊の外面白く、見ているうちに、今度は映画・のぼうの城のテレビ初放映が始まってしまう。

DVDも持っているのに見てなかったので、どうしようか迷ったが結局最後まで見てしまう。

まさに、良い意味で原作通り。
元々脚本だったものを小説化したものだから、原作のほうが映画通りなのかもしれないが。
それにしても、よく映画化したものだと思う。

そして、風呂に入って寝た。


なんという日常。

でも、その合間にFacebookやmixiやLINEでお誕生日おめでとう書き込みが来ていて、それを読んだり返事を書いたりスタンプを送信したり、と意外に忙しく過ごしていた。

なんともSNS時代のお誕生日を過ごしたなあ、という実感。

そんな私ですが、2014年もよろしくお願い致します。


【挨拶】新年明けましておめでとうございます:2014年1月2日



元旦からご挨拶するブログが数多ある中、私は昨日はFacebookやmixiにかまけておりました。

昨日は、朝起きて、出汁を取って、おせちを重箱に詰めたらば初詣。
20140101_1.jpg

歩いて5分かからない花園神社にお参りです。
20140101_2.jpg

朝8時くらいだとすいています。
飲み明かした若者ばかりでうるさいのが難ですけどね。

お札と干支守をお返しして、今年のを買って帰ります。

お雑煮とおせちについては、別ブログにメモしました。

201401010_3.jpg

いろいろ書き分けつつ、手探りでゆるゆると書いていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

【感想】コンデジ殺しのiPhone5c:2013年11月26日




この富士山の写真は、米子からの帰りに飛行機からiPhone5cで撮影したもの。
FC2のインスタグラム連携で挿入しているので低解像度になっている。

この日は天気が良かったとはいえ、写りに全く問題はない。
しかも、かなりデジタルズームしているのに画面のアレも気になるほどではない。

今回の旅行(まとめ前半まとめ後半)ではGXRを持っていったので、主にそちらで神社や建物の写真などをとって、iPhoneではソーシャルにアップするためにカメラアプリで撮影して、インスタグラム連携を使っていっぺんにforsquare、Facebook、ツイッターに上げていった。

でも、ブログにアップした写真を見てもGXRで取った写真はブログ用に解像度を下げているからということもあるけど、見た人からはほとんど区別がつかないかもしれない。
iPhoneでとったほうが、ハッキリとした色味が出やすいし、コントラストが効いたパキッとした絵になるのでシャープに見えて、むしろ評価が高いかもしれない。
GXRで撮った方は、腕も悪いから露出やシャッタースピードもオートだし、雨だったせいもあってぼんやりして見える。撮っている自分は撮影している感があって結構楽しいけど、写真の上がりは変わらないかもしれない。

25.jpg
(例えば、この写真はGXR)

iPhoneでの写真は、オリジナルアプリではなくProcameraを使っている。(iTunesプレビューではこちら

この秋にリリースされたProCamera7で、私にしては珍しく有料アプリだ。

機能が優れているカメラアプリはそれぞれ一長一短あるけど、一番気に入ったのはピントと露出が別になるところ。
screen568x568.jpeg

画面上をグリグリするとフォーカスがあう□と露出が合う◯が出てくる。
露出を合わせる場所を画面上で決められるのは写真が取りやすい。

ビデオも取れるし、夜間用もあるし、デジタルズームが6倍まである。
画像加工で画面の最適化や露出をオーバー目にしたりもできるし、色味もいじれる。

正直、こういうことがその場で出来ないから、もうコンデジはいらないなと思う。

画角も35ミリ換算で30ミリ相当なので、以前よりもやや狭角になった(iPhone5までは28ミリくらいだった)けど、十分実用的で、とくに料理を取るには最適な画角かもしれない。

まあ料理を撮るときは、別のアプリであるミイルを使う。
こちらで撮ると写真の色温度を自動的に変えてくれて美味しそうに映る。

結局、iPhoneで撮影してアプリを使ったほうが使い勝手も良いし、ソーシャル連携もワンタッチだから、写真を撮るメインがiPhoneに移りがちだ。

iPhone5sならば解像度も上だし、色々きれいなのかもしれない。
どちらにしてもコンデジはいらない。

じゃ、一眼は必要なのか?
私の腕だと、必要ないのかもしれない。
カメラが綺麗にとってくれるという点があるから、あったほうが良いのかもしれない。

でも撮影している気持ちを盛り上げてくれるのは、GXRの方だったりするから、そういう気持ち出とると少しは違うのかもなどと、グダグダなことを考えている次第。

デジタルカメラでの写真もFlickrとかPicasaとかに保存するとまた違うのかもしれないけど、どうも感覚的にそういうことが出来なくても困っています。

どんどんクラウドにアップするほうがいいんでしょうかね?
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。