スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1万時間は1日10時間で1000日:コンサルタントの習慣術

最近、また本が読めない状況が続いている。

iPhoneだの、TwitterだのTumblrだのやっていると、
ますます本を読む時間がとれない気になってくる。

すき間時間の有効利用でやれることと、やれないことを考えないとね。

それには「仕組み」化して、「習慣」にしないとね。

というわけで、この本を買ったわけです。

コンサルタントの習慣術 頭を鍛える「仕組み」をつくれ (朝日新書)コンサルタントの習慣術 頭を鍛える「仕組み」をつくれ (朝日新書)
野口 吉昭


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3時間ほどで読めましたけど内容は実は結構濃い。
平易な言葉で、こういう実践的なことを書けるというのは、
よほど自分の中でこなれているからだなと感心しました。

前先のこちらも大変ためになったわけですが、野口さんはためになります。

コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書)コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書)
野口 吉昭


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連エントリ:質問するチカラ、質問に答えるチカラ



目次(アマゾンのページから)
序章 コンサルタントの習慣術とは何か―レセプター(受容体)を開いて、常に進化するために
1章 習慣をマネジメントする―「習慣=それをしないと気持ちが悪い状態」を実現するために
2章 「考える力」を磨く習慣術―いつも「三つ」に分けて考える思考習慣を持つために
3章 「主体的な行動力」が身につく習慣術―ロードマップを描いて、着実に成長するために
4章 「新たなものを創り出す」習慣術―自分に刺激を与えて、パラダイム・シフトするために
5章 「打たれ強い人」になる習慣術―自分もチームも、逆境を乗り越えるために
6章 「人を動かすリーダー」になる習慣術―責任を全うする喜びを感じるために

野口さんが繰り返し述べるのは

・「1万時間」継続しよう
・「積小為大」、小さなことを積み上げよう
・「練習と実践のサイクル」をまわそう

ある道のプロになるには、どの分野であっても1万時間、そのことに専心することだそうだ。
私は、毎日3時間×年間300日×15年は、科学雑誌の編集という仕事をしてきたと思う。
量的には十分プロの領域だけど、質的にはどうかと自問自答した。

でも1万時間というのは、1日10時間やっても飽きないような対象を
1年365日で3年かかる。

松井秀喜が巨人に入団したときに長嶋監督が、真の4番にするために1000日計画といっていた。
松井はたぶん、その1000日で野球のことを考え続け、学び続け、実践し続けただろう。
それが彼をプロの野球選手の中でも真の4番といえる存在にしたのだと思う。

そこで、長島の1000日計画に愚直に取り組んだからこそ、今がある。

野口さんもこの本の中で「愚直さ」を説いている。
目的、目標、手段を決めて、
「見える化」で自分を把握し、
「ランドセルサイクル」で前倒しの準備をして、
「愚直に」継続する。

近道はない。ただひたすらに進むのみ。
習慣術は、まじめなリーダーになるためのコンサルタント術だった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。