スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主観と客観、もしくは古い脳と新しい脳をつなぐために

まだ読んでいないのですが、買ってはあります。

不透明な時代を見抜く「統計思考力」不透明な時代を見抜く「統計思考力」
神永 正博


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 dankogaiとの対談やら、神永さんのブログやらを楽しみに拝見しているわけですが、

今日のこの話は秀逸なのでメモ。

「情から知へ」そして「知から情へ」:Masahiro Kaminaga' Weblog
>小飼弾さんの書評にある「だが本書の価値は「客観的データに基づいて冷静に議論しようという科学的態度」ではなく、むしろ「主観的印象から、どうやって客観的データに基づいた冷静な議論にもっていくか」という「情から知へ」の転換であり、そしてそれをどう主観に反映させるかという「知から情へ」の再転換にこそあるのだ。」という文章を読んだとき,実に鋭いと思ったのです.

ある出来事への感情的な反応をそのままにせずに、
その裏をとるために数字に当たるという神永さん。

この本も
>「小泉さんはとんでもないことをしたに違いない!」という仮説(とはいえないが...)を立て,データを列挙して,じっと睨んでみた.ううむ.ちょっと違うな,というか,全然違うかも...というのが今回の本のベースになりました.

なぜ、経済学者だの、経済評論家だの、お茶の間向け評論家だの、ニュースキャスターだのが、
こういう「真摯なリサーチ」をしないのか。しないままに「だだ漏れな批判」に堕しているのか。

そっちのほうが神永さん的に言えば
>「こんなことがあっていいのか!いや,いかん!」という気持ちになってしまう

こちらも
>最初は,「理系は徹底的に差別されていて,文系の方が絶対得だ!学力も低下して日本は終わりだ!」という本を書こうと思っていたのです.いや,これは脚色なしの事実.証拠を集めにかかると,支持する話がたくさん引っかかる.「ふふふ,そうだろう.やっぱりね.そうに違いないよ.もちろんそう思っていたさ.」と思ったりもしました.

ということだったのが、どうもそうではないと言うことからまとめたとか。

学力低下は錯覚である学力低下は錯覚である
神永 正博


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そして、今日、感銘したのがこの言葉
>理性的な「新しい脳」に訴えるには感情的な「古い脳」を通過しなければならないからです.

これは忘れがちだけど、本当に重要な事実だと思う。
みな「新しい脳」でものを考えているように思うし、大脳新皮質こそが人間だと思いがち、
でも、人間も「積み重ね」でできていて、かなりの部分で「反射」とか「惰性」で生きている。

>「客観的なデータ」と「主観的な気持ち」をどうつなぐか,ここが21世紀の大きな課題なのかもしれません.どんなに理性的に正しくても「気持ち」がつかめなくては,多くの人が納得できる社会システムはつくれないでしょう(逆も同じく).

これは、科学にとっても同じようだと思う。
特にサイエンスコミュニケーションを考えるときに、理性だけで「納得」しろと言われても、
「データ」だけで「安心しろ」と言われても、結局「主観的な気持ち」を説得できない。

新しい脳で議論するだけではなく、古い脳で感じることをどう組み込んでいくか。
そして統合していくには、何が必要か。

早くこの本読もうっと。
不透明な時代を見抜く「統計思考力」不透明な時代を見抜く「統計思考力」
神永 正博


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連エントリ:仏道と脳科学に類似を見た:煩悩リセット稽古帳
関連エントリ:それは、本当にあなたの意思ですか?:「サブリミナル・インパクト」
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相関関係は因果関係ではない:不透明な時代を見抜く「統計思考力」

読む前の評判が裏切られる本もあれば、読む前の評判以上に驚きの本もある。 この本は、後者だった。 ありきたりの言い方で申し訳ないが「...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「論争」が不毛なのは、相手の気持ちを無視しているからなんですよね。勝ち負けで考えてしまうから。「論争」は実のところかなり「感情的」で、気持ちをぶつけ合って終わりになってしまう。
理系の感覚からいうと、誰が正しいか、というよりも何が正しいかが重要なんですが、個人攻撃になってしまうと、何が正しいかはどこかへ行ってしまいます。結局、問題なのは感情なのでしょう。

コメントありがとうございます

神永先生ですか。

恐縮です。

おっしゃる通り、誰がよりも「何が正しいか」であり、

その結果、どういうメリットが、大きなレベルであるか、

だと思います。

そのれベルをどこに置くか。

選挙区とか、政権ではないレベルで考えているか(小泉政権の場合)だと思います。

感情は図りにくいうえに、そのレベルがあわせにくいのが問題なのではないでしょうか。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。