スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年間で90億使える人がいるのか?

びっくりしました。

土木予算ですよ、これは。

【 2009年4月15日 新基金設立へ 30プロジェクトに研究費90億円ずつ 】:サイエンスポータル編集ニュース
>政府は今年度補正予算案に総額2,700億円の研究強化基金を盛り込むことを決めた。文部科学省が関係法人に設ける。

元記事として読売新聞も見てみる。

最先端研究の強化に基金創設…追加景気対策、2700億円:YOL
>世界最先端の研究チームを最大で30件選定し、それぞれに3~5年間で90億円の資金を提供する。1チームあたりの研究費補助金としては、かつてない規模になる。しかも、年度をまたぐ繰り越しなど、一般的な研究費補助金では難しい柔軟な運用を認める方針で、ノーベル賞級の飛躍的な成果の創出を狙う。

5年で90億円を研究に使うって、どうやればいいんだろう。
> 現在、1件あたりの規模が最も大きいのは、科学技術振興機構の「創造科学技術推進事業」で、5年間で計15億円。新型万能細胞を作った京都大の山中伸弥教授を支援した同機構の別事業も5年で6億円どまり。これらに比べ、90億円は破格の規模となる。

建物からやるわけに行かないしねえ。外に払うカネを増やすんだろうけど
>研究の進展に応じて必要となる人件費や研究費を自由にまかなえるよう、大きな裁量を研究者に与えるほか、独立行政法人などに事務手続きを代行させる仕組みも設け、研究者が研究に没頭できる環境作りを目指す。

天下り法人を作る気なのかなあ。JSTがやるのかなあ。

サイエンスポータルでは「基金」である意義にも踏み込んでましたよ。
>野田聖子・科学技術政策担当大臣は「研究現場の声を聞いて、年度予算という制限が研究の推進を阻んでいると感じた。従来の枠組みを越えることができる制度」と話している。

年末に使い切るという悪弊をなくさないとね。
そこは評価すべき点だろうけど、30という数も微妙だなあ。

どの分野になるか興味がありますね。
> 政府は、補正予算成立後、総合科学技術会議の議員らによる組織を設立し、研究課題や研究チームの選定に入る。

ニュートリノ、アルツハイマーというような、かなり具体的なテーマになるのでしょうかね。
機械だけ買って終わりとならないように、人材育成にカネを出していただきたいですがね。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【話題】土木予算? 研究強化基金が話題に

サイエンスポータルや若だんなの新宿通信などで,続々話題になっている. 新基金設立へ 30プロジェクトに研究費90億円ずつ(サイエンスポータル) 5年間で90億使える人がいるのか?(若だんなの新宿通信) もとネタは,YOMIURI ONLINEですね. 最先端研究の強化に基金

創造科学技術推進事業ってなんだっけ

などととぼけたことを思っていたんだけど、 5年間で90億使える人がいるのか? の記事が引用されたり、トラバされたりしている。 ありがと...

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。