スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい知らせ:訃報・下馬二五七さん

新宿のいつもの店の従業員Nちゃんから携帯にメールが来た。

下馬二五七さんの死を知らせるメールだった。
前日、常連の役者さんから聞いたらしい。

今日、新聞・通信社が報じる、3時間ほど前だった。

下馬二五七氏死去 俳優:47ニュース

先月16日まで舞台出演…下馬二五七氏死去:スポニチアネックス

最後の舞台となったのは、ロンドンからの凱旋公演になる「春琴」だった。

『春琴』
―谷崎潤一郎「春琴抄」「陰翳礼讃」より


深津絵里主演のこの舞台に、すでにガンを発病していた下馬さんは、
演出家サイモン・マクバーニーたっての希望で出演していたという。
私は結局、この芝居を見ることがなかった。

ロンドンから「寒い」「帰りたい」をメールで連発していたという下馬さん。
それでも、舞台人は舞台を選んだ。

私が下馬さんの舞台を見た最後になったのは、ザ・スーパー・カンパニーのホワイトレビュー。

ホワイトレビュー見てきました

昨年9月の「もう二度とやらない」と言われた公演だった。
年を経て、ますますひょうひょうたる演技と、時折見せる「牙」がすばらしかった。

ザ・スーパー・カンパニーや、田村連さんと共演された舞台はだいたい見ているけど、
いつも、一瞬で舞台の空気を持って行く「にくい」役者だった。

それはたぶん、天井桟敷に所属していたときから変わらない役者としての優れた才能だったのだろう。

舞台でしか知らない下馬さんだけど、なぜか飲み屋でいろいろな噂を聞く方だった。
多くの仲間がいて、役者からも客からも愛されていたからなのだろう。

お葬式に行くほどの仲ではないので、お邪魔することはないけれど、
今夜はどこかで追悼の酒を飲もうと思う。

合掌。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。