スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路が土日1000円になっても喜べない。

高速道路をETC付で走ると、都心を除けば1000円という「景気対策」が始まった。

早速、この週末にドライブに行かれた方も多いと思う。
観光地は結構込んでいるし、SAも混雑している模様。
早速、景気対策効果が現れたと考えるべきなんでしょうね。

でも、どうにも腑に落ちない。

それは自分が車を持っていないからかもしれない。
自分が埒外の景気対策くらい腹立たしいものはないから。
「俺に景気対策しろよ」とまあ、普通は思う。
「定額給付金」も、なんで子どもと年寄り優遇なのか?
子どもがいない夫婦共働きで、一生懸命税金納めているのは、誰だ?
などとも思うくらい、心の狭いワタクシのことだから、
高速道路1000円も当然気に入らないのだけど、
理由はそこだけじゃない。

この政策は誰を幸せにするのか。誰にとって「いいこと」なのか。
ETCをつけた人も多いようだから、機器メーカー、販売会社は喜ぶ。
高速道路のSAや行楽地も人手が増えて喜ぶ。いまはね。

でも、2年後に高速代が元に戻ったときに、景気が上向いていることは予測できないし、
そのとき、きっと高速利用度は大きく落ちる。
目の前の好況に浮かれて業務改善していなければ付けは倍になって帰ってくる。
今、ウハウハなところは、あとから大きく足を引っ張られるだろうね。

さらに多くの人がすでに指摘しているけど「環境対策として逆行している」。
ガソリン代が元に戻ったどころか昨年の今頃よりも安くなって、
新車を買い控えているということは、燃費が悪い昔の車のまま交通量が増えているわけだ。

環境的にどうよ、という声が出るのは当然なはずだけど、
野党もそういう追求はしてないね。なぜか。
民主党は高速道路を無料にしろと言っているから。

鳩山さんは「1000円よりも無料の方が安い」と演説している。
あほか。
どっちもどっちじゃ。
高速道路会社はどうするのか。
今回の1000円化で5000億円の補助をするらしい。
高速道路会社への補助が目的なのではないかと勘繰りたくなる。

それと1000円になるのは乗用車だと言うのも問題。
これは民主党も指摘しているけど、
なぜ不況対策として物流関係に高速代を補助しないのか。
物流関係は青息吐息なのに、高速代が安くならない上に交通量が増えて渋滞が出来たらば、
ますます物流関係は辛くなる。週末の高速は物流関係の車だらけなのに。
これは、先日バーで同席した物流関係の人が怒っていた。

環境対策費、高速道路会社への補助、すべて税金でまかなうことになる。
その財源はどこからだかわからないが、何とかするようだ。とりあえずは。
そして、いつの間にか増税論が出るのだろう。
何とかなるならば、これからも何とかしたらどうなのか?

1万2千円貰うよりも、高速代のほうが消費に即効性があったことはわかった。
次は、相続税の免除だそうだ。金持ちの資産移動に資するわけですな。

でも、どちらもまったく関係ないのに税金だけはしっかり取られているのが、
なんとも腑に落ちないワタクシ。
ワタクシ的には、相続税はしっかりとって、再分配してもらった方がよいのだけど、
再分配がへたくそすぎて、これまたお任せできる状況にない。

親の代から資産家で車移動が基本の人たち(政治家)が景気対策を考えると
自分たちの生活に近いところから発想するんだね。
生活者目線なんて、そりゃ無理だというのが、今回の感想ですかな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして♪


楽しいBlogですね~ww
(・-・*)

また遊びに来ます♪♪

http://onshaver.net/maimai/7bp2w/
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。