スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能楽と脳科学も相容れるじゃないですか

先日のNPO法人ニューロクリアティブ研究会 第2回フォーラム
「創造する脳 ―能楽と脳の奏でる情景― 」を見たときは、

脳と能は、関係ないね結局

といったワタクシですが、今回はしっかりコラボっていましたよ。

文部科学省:情報ひろばサイエンスカフェ「能楽と脳科学と」

に行って来ました。

すでに当日会場でお目にかかった、k_Tachibanaさんと内田麻理香先生が、
感想をお書きになってます。

【サイエンスカフェレポート】情報ひろばサイエンスカフェ「能楽と脳科学と」に行ってきた:S&C
>今回のサイエンスカフェでは,開始前に能楽と脳科学に関する展示(能楽師の八田
さんの解説つき)がありました.私は,能楽は小学校時代以来何年もご無沙汰して
いたのですが,こういう機会に恵まれてたいへんよかったと感じました.


サイエンスカフェ「能楽と脳科学と」:カソウケンの科学どき、技術どき
>この異分野コラボ、予想をはるかに超えた面白さでした。サイエンスコミュニケーションは切り口が大事だと思うのですが、これは能楽が好きな人にとっては脳科学への入り口に、サイエンスに興味がある人にとっては能楽への入門になったのではないでしょうか。

お二人のリポートでまあ大体言い尽くしているので、そちらをぜひ見ていただきたいのですが、
ワタクシがあえて付け加えると、
深層心理劇であるという能の演者が、「解釈をお客様に任せる程度にして、やり過ぎない」
外から自分を見る客観性をもって「お客様からどう見えているかをイメージして面の角度を考える」
というように、西洋演劇的な意味での「リアリティ」で観客と対していないのに、
なぜ、様式、型というものが、イメージや情動の伝達スピードと伝達パワーを持つのか、
つまり、なぜ、脳は「型」を好むのか。
さらに、「美」はなぜ「文化」や「文明」を超えて伝わるのか。

というあたりを、脳科学的にどう捉えるか、今後の能楽と脳科学の関係で見えてくればいいなと。

脳と能を、今回一時の「言葉あわせ」にせずに、本格的に研究すべきコラボになってほしい。
情動の伝達、イメージの共有という「脳機能」の高次な現象を理解するのに、
こうした伝統芸能・芸術のチカラの源の理解は重要だと思う。

それにしても、打ち上げを横から拝見するだけでもいいから、行きたかったなあ。

追伸:出演された能楽師の八田さんのブログにコメントさせていただきました。

「サイエンスカフェ」に出演してきました~:ぬえの能楽通信blog
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【サイエンスカフェレポート】情報ひろばサイエンスカフェ「能楽と脳科学と」に行ってきた

勤め帰りに霞ヶ関の文科省に寄り道して,情報ひろばサイエンスカフェ「能楽と脳 科学と」に行ってきました.

コメントの投稿

非公開コメント

後味が悪い身内だけのアフターカフェ

アフターカフェを身内だけで固めるサイエンスカフェって,後味悪いですねえ.結局身内だけで楽しみたいのか,と.ましてブログでかかれたりすれば,なおさら後味が悪いです.とたんに興味がうせます.

科学ひろばでは,少なくともアフターカフェは希望者全員が参加可能です.自分自身が運営に関わるサイエンスカフェについては,後味の悪いものにはしないようにしようと思います.

Re: 後味が悪い身内だけのアフターカフェ

あれは、開かれたサイエンスカフェでなく、半ば以上GCOEの広報だったんではないかと思い始めました。
GCOEの予算で東北大のスタッフはきていたんではないでしょうかね。
そうでないと、予算消化について理解できません。

> アフターカフェを身内だけで固めるサイエンスカフェって,後味悪いですねえ.結局身内だけで楽しみたいのか,と.ましてブログでかかれたりすれば,なおさら後味が悪いです.とたんに興味がうせます.
>
> 科学ひろばでは,少なくともアフターカフェは希望者全員が参加可能です.自分自身が運営に関わるサイエンスカフェについては,後味の悪いものにはしないようにしようと思います.

カフェご参加有難うございました

若だんな様、カフェご参加有難うございました。初めてお名刺交換させて頂き、案外近いところにいらっしゃると知ってびっくりでした。
上記、コメント欄のやりとり、チラシにも明記されていますように、今回は学術会議サイエンスカフェを東北大学脳科学グローバルCOEの共催として行っています。うちの脳カフェでは、若手メンバーに教育的アウトリーチ活動として参加してもらっています。
アフターカフェの運営の仕方は、それぞれなのではないでしょうか? 今回は八田さんのご希望により主催者側の有志で行いました。もちろん、その経費は私たち自身のポケットマネーです。
では、いつかご一緒できる機会を楽しみにしています。

恐縮です

仙台通信さま>コメントありがとうございました。予算の件は、懸念していた通り、K_Tachibanaさんの思い違いですよね。
あきらかにGCOEの予算が入らなければ許可されない内容というか、共催にしている意図があるはずですからね。
今後もなにとぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました~

若だんなさん、ご来場ありがとうございました~ m(__)m

ぬえにとって初めての経験で、おっかなびっくり参加させて頂きましたが、え~、ぬえの悪いクセで、ちょっと喋りすぎてしまったかな。。と反省しきりです。

それにしても、脳というのはまだまだ分からない事がたくさんあるのですね。若だんなさんがおっしゃるように、ぬえにとっても、なぜこの謡い方やこの型で人に感動を起こさせることができるのか?というのは大変大きな疑問でもあります。

能は、世界の演劇の中でも直截的な表現をできるだけ避けようとする独特の表現方法に傾こうとしますが、それでもやはり人の心を動かすことができる。。ぬえはそれを大学生の時に初めて見て衝撃を受けてこの世界に飛び込んでしまいましたが、未だにこの心にもたらす力はナゾのまま。。

この理由が説明される日も、大隅先生らの努力によっていつかは訪れるのでしょう。その日に期待します~(・-・)

コメント光栄です

ぬえさま>ありがとうございます。

きちんと終わったあとにご挨拶したかったのですが、面を片付けるのにお忙しそうだったので、そのまま帰りました。

今回のカフェのおかげで、脳と能は、これからも考えたいテーマになりました。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。