スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリ+サル=ヒト?

やっと見ましたサイエンスゼロ。

シリーズ「ヒトの謎に迫る」第5回:サイエンスゼロ


この間、うっかり見過ごしたんですよね。
再放送をしっかりマークしておきましたよ。

>番組プレゼンターの理化学研究所・岡ノ谷一夫さんは後者、歌起源説を唱える第一人者。ジュウシマツの鳴き声、つまり歌を分析することで歌の法則性を探り、歌起源説を実証しようとしている。その一方、身振り起源説を唱える研究者らは、言語中枢のある左脳と右手との関係性から、右手の身振りに注目してその説を実証しようとしている。一見、真っ向から対立する様相を見せる、身振り起源説と歌起源説、その両研究の最前線を紹介。

ということで、
「人間とは愛をうたう動物である」

という回答に、安めぐみもうっとりです。

トリの持つ「歌と文法」の問題と
サルの持つ「単語」の問題を組み合わせると、
何が出てくるか。

それをこれからJST-ERATO岡ノ谷情動情報プロジェクトで進める
という見事なプレゼンになってましたね。
研究成果が期待されますな(人ごとではないのだけど)。


偶然だけど、今朝見たブログでの疑問も、関係するかも。

翻訳についての二つの対話:内田樹の研究室

>「なぜ韻を踏むのか」を説く詩学が存在しないのは、「なぜアナグラムが存在するのか」を説く詩学が存在しないのと同じ理由による。

今当たり前のように思うけども不思議な文法の基礎。
愛をうたう文学である「詩」に用いられる「韻を踏む」という「文法」は、
どこから来ているかも、トリ+サルのアプローチで解けるかもしれない。

ひょっとすると「歌が先で」、
その歌に「魅惑的な音」を組み合わせて入れる手法のひとつとして、
言葉として固まる前に「韻」の持つ音楽性というか
音の響きの気持ちよさのようなものが先にあって、
それを無意識に追い求めることで様式化したのかもしれない。

文学も意外に身体的なものなのかもしれない。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。