スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の広告費が約消費税分下がったらしい:電通発表より

こういうニュースは、本来ならばちゃんと新聞やテレビで得るはず。

でも、新聞とっていないし、テレビのニュースも朝ズームインを見るくらい。

で、ネタフルで知ることになる。

電通「2008年(平成20年)日本の広告費」を発表:ネタフル
>電通が、日本における総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2008年(平成20年)日本の広告費」(PDF)というニュースリリースを発表しています。

電通のニュースリリースはこちら(pdf)

あわててニュースをネットで見たりして。
広告費、景気悪化で5年ぶり減少 ネット市場は拡大続く:47ニュース
>中でも新聞が12・5%減、雑誌も11・1%減と、1947年の調査開始以来、それぞれ過去最大の減少率を記録。一方でインターネット広告は16・3%増え、全体に占めるシェアも初めて1割を超えるなど成長ぶりを裏付けた。

約5パーセント減なので、消費税分と書いてみましたが、
2008年はオリンピックもあったし、広告派手にやってましたよね?
>全21業種のうち18業種で広告費が減少。特に金融保険、情報通信、自動車関連など主力業種の低迷が響いた。

秋からだけでそんなに落ち込んだとしたら、それまでの分を一気に帳消しにしたわけで、
10月から12月の3ヶ月で、1年分の落ち込みとは、どれだけ減らしたんでしょうか。
新聞なんて、25年前と同水準だそうです。
1983年というと広告界はコピーライターブームでしたねえ。

伸びているのはネット広告。

>ネット広告はパソコンでの検索結果と連動して表示される広告が22・9%増、携帯電話向け広告も1・5倍と大幅に増加。総額は6983億円と、昨年抜いた雑誌との差を広げ、新聞に迫りつつある。


ついに新聞も抜きそうです。2009年は広告の転換期だという感じですね。
いわゆるマスに投入する「メディアバイイング」が他の広告展開から、
バイラルマーケティングまでイメージする「クリエイティブ」型広告の時代になりますね。

広告費の変化については、こんなまとめもありました。
image002.jpg
<電通『日本の広告費』 1985年~2008年時系列データによるグラフ For SurveyML  2009.2.23, Masashi Hagihara
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2009/pdf/2009013-0223.pdf ほか過去のリリースより作成>

新聞の落ち込み、インターネットの急進など変化が一目でわかりますね。

すばらしい。

でも、こうしてネットで情報を得ているわけで、
ますます広告を見る環境が無くなっていく。

電車の中吊りとか、町で出会った広告の方が、こうした時代には届くのかもしれませんね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

女子高生

幼さと大人びた色気を併せ持つ最近の女子と激しいことしちゃう!

http://www.xn--1-hg1b50dd16cto3b.jp/
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。