スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーハンディカムのブログパーツが、私でも泣ける件

みたいもん!(ハンディカムのブログパーツで顔を見てせつなくなった)で見たのが最初で、
>私には娘がいるわけではないのですが、これは見ていてお父さんの気持ちになりますね。ああ、つらいなあ、せつないなあ。

そうだよねと思っていたら、ネタフル(ハンディカムのプロモーションサイト「Cam with me」を見た。そして泣いた。)でぐっときて。
>娘の成長をハンディカムで追いかける父親という設定で、娘の成長に合わせて「REC」アイコンをクリックすると、娘が料理したり庭でみずやりしたりとか、そういうシーンを見ることができます。
そしてそれらは保存され、最後、結婚のシーンで流れるらしいのです。とりあえず見た。全て見た。時間はかかったけど、余すことなく「娘」を追いかけましたよ。


そして、きょうのみたいもん!(ハンディカムのブログパーツの「REC」に再び泣かされるの巻)で納得。
>先日、ハンディカムのブログパーツについてのエントリーを書いたのですが、なんというか、私はまったく節穴でした。つーか、肝心なところを全く見てませんでした!

そうなんです、これ私も同じミスを犯していたのです。

>画面を追いかけて見るのに夢中で「REC」と「STOP」という文字が目に入ってなかったんですね。何もしないで、そのままぼーっと見続けしまったんですよ。

「REC」を押すと、その成長時期の「日常の一場面」が流れます。
この「日常の一場面」で、イベントでの録画じゃない所が、このプロモの一押しなのですね。
何気ない日常が、記憶を呼び起こし、思い出になる。
だから、しょっちゅう娘の日常を録画しておけと!

父親の記憶の中の娘は、運動会とかよりも庭で遊んでいるときだとかのようです。
結婚して最初に妻の実家に行ったときに、
お父さんが自分で撮影した妻の子供のころのアルバムを見せられた
(ニコニコ説明するお父さんが切なかった。いっそ殴らせろの方がいいと思った)
私が言うのだから間違いありません!

 リンク: Cam with me(カム ウィズ ミー)|デジタルビデオカメラ Handycam.


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

娘もち

私もここ経由で知ってやってしまいました。
http://www.gizmodo.jp/2009/01/hdy.html
もう「REC」しまくりです。なんかとても焦りを覚えました。

ちなみに私はこどもが何かを夢中で眺めているときの後姿を撮るのが好きです。

娘がいる人には

たまらんでしょうねえ。

撮っといた方がいいんでしょうねえ。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。