スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年齢は節目だなあ

勝間さんのオレンジ本 起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

 の帯で、「私は32歳が悩みのピークでした」

と書いてあるのを見ていて思ったんですが、
それって「厄年」ですよね。

厄年とはwikipedia では
>厄年(やくどし)は、陰陽道で教宣されている、厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。 平安時代にはすでに存在し、起源も曖昧だが根強い風習。

女性の厄年は、数えの33。つまり32歳のとき。

ちなみに男性だと数えの42歳。41歳のときですね。
私は、41歳のときに会社の役員になって、えらい目に遭いました。

>一般的に男性と女性の厄年は異なり、本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされており、語呂合わせでも男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通じる。数えというのは、誕生日前だと +2歳、誕生日を迎えている場合 +1歳を足して計算する。

年末になると電車の中吊りに「佐野厄除大師」の広告が出ますが、
いまだに厄年には厄除という風習が残っているのがわかります。

迷信のように考えがちですが、大厄の時は、実はちょうど肉体的な変化の時期だったり、
社会的な地位の変わり目の年齢だったりして、何か起きがちな訳です。

勝間さんの場合は、それが管理職になって、壁にぶつかったときだったし、
私の場合は(まあ、比べるのもなんですが)社会的に変化のあったときだったと。

こういうのって、経験則からも大事にした方がいい時期です。
でも、人生ものびている訳だから、全く同じ年ということでもなく、
たとえば、還暦の60歳と定年が重なるのは、昔はもう寿命だった訳ですよね。

定年の60歳というのは終身雇用の象徴で、
死ぬまで働いていいということを示す年齢として60歳を定めていた。
とすれば、今ならば80歳定年でもおかしくないと言えますね。

以前、精神年齢は7がけでいいらしい というエントリを書きましたが、
昔の60歳を80歳に置き換えると、約1.3倍。

昔の33歳は、44歳。42歳は、56歳くらいと考えると、
女性は、出産に関する壁が見える年齢が厄年、
男性は跡取りができるくらいの年が厄年だと言えそうです。

つまり、昔ならば世代交代の年が厄年だったと。

今でも、無理が利かなくなる年齢。
気持ちが動いても、カラダが動かなくなる年齢ということでしょうか。

品川女子学院という学校では、28歳というのを節目と捉えているそうです。
>「大学進学をする18歳の時ではなく、28歳の時に社会で生き生きと活躍できる女性を育てることを目指し、未来から逆算してその土台づくりをしていく」

28プロジェクトと呼ばれる教育方針は、この目的から生まれていて、それは女性が28歳の頃が

>「仕事、結婚、出産といった自身の将来を考える上でのターニングポイントとなる」

からだとか。

エリエスの土井さんは、28歳をターゲットに38歳の著者が一番売れる。
勝間さんの本が売れだしたのも彼女が38歳のとき(2006から2007にかけてですね)
とセミナーでおっしゃってましたが、28歳、38歳というのも節目の年のようです。

私は、ある方から29歳のときに、そこから10年ガムシャラに働ける仕事をつかむと幸福だ、
と言われたことがあります。
私は、ちょうどその年で科学雑誌の編集をはじめて、今があるので、結構この説を信じてます。

同じ人に49歳で、70歳までの仕事をつかみなさい、とも言われました。
私は、その頃どうなるのか、後2~3年のことなので興味があります。

何が書きたかったかと言うと、
いつも、今、何をしているのかを考えるのではなく、何歳になったら何をしようか、
今こうあるのは、何歳のときに何をするためだ、と考えることが大事ではないかということです。

そして、どうしてもだめなときには、今何歳だから、ちょうどだめな時期なんだ、
ここをどう乗り越えるかだと、言い聞かせて耐えることも大事ではないかと。

28~29である程度つかんでも、33くらいで壁にぶつかり、
38までに立ち直って、次の10年を目指し、42歳でちょっと疲れて、
49歳までにまた何かをつかむ。そして、60歳、70歳と目標を立て直す。

今だめでも、2~3年で良くなるから、そのときのために努力を続け、改善していく。

結局、起きていることはすべて正しい、と。

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
勝間 和代

ダイヤモンド社 2008-11-29
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やっぱり、この本読まないとだめかなあ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。