スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学に関係の無い話は無い

あえて、言い切りましょう。

いまや、社会すべてが科学と関係あるのです。
というよりも、科学が社会すべてと関係してしまったのですけども。

だから、何を語ろうと、そこに科学の要素を加えることは難しいことではないのです。
でも、コミュニケーションの要素を排除すると、それは、何だ?

【閑話休題】「1%に満たない科学の成分。」でも別にいいんでない?:S&C

>サイエンスカフェは,たまたま中身で何%かは科学(自然科学に限らない)
の成分を含んでいれば,それでいいんでない.むしろ,コミュニケーション
不含のカフェは,カフェぢゃないとは思ふけどね.


カフェといふよりも、科学じゃないね。
科学はコミュニケーション不在では成立しないものだモノ。

お、ややこしくなったぞ。

1%に満たない科学の成分。 :科学と広告のブログ
>ブログというのは、自分にできることをできる規模で進めなければ到底、続かないということでもある。そうなってみて振り返ると、しかし、自分の生活の中にある科学の要素というのは、たとえば当初50%50%ぐらいだと思っていたのが、へたすると1%未満というようなことにもなりかねない、なんてしょぼい清涼飲料水の果汁のようなものなのか、とも思えてきた。もちろん私が言っているのは、科学に関係あればカウントするというのではなくて、とっても科学らしいこと、科学のエッセンスが含まれていることとなると、という意味である。

科学は一方的なものではない。
なぜならば、対象があるから。
対象とのコミュニケーションが科学のあり方で、その科学のあり方を、私は信じるんだな。
で、科学を信じていると、科学でものを見るので、科学から切り離された言葉で無くなることはない。

と思うのですよ。
宗教みたいだなあと思った人。

正解です。

でも、ものの見方は、何を信じるかですから。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。