FC2ブログ

間違う日々

夕べ帰宅時に、久しぶりに電車の網棚にかばんを忘れた。

手荷物が二つあった上に、雑誌を読みながら電車に乗っていたため、
最初に網棚に載せたかばんを持たずに赤坂見附で銀座線から丸の内線に乗り換えたのだ。

しかも、丸の内線に乗り換えて、新宿三丁目で降りるときに、かばんがないことに気づく有様。
丸の内線新宿三丁目駅の駅員さんに事情を説明して、事務室に行き、かばんを探してもらう。

「今赤坂見附で乗り換えて丸の内線で降りた所なので、私の乗っていた銀座線は今頃渋谷駅についているはずなので、銀座線の渋谷駅に電話して探してください」

「私の乗っていた銀座線は、前の車両が青山一丁目で車両点検をしていた影響で、溜池山王で5分ちかく停車していましたから、その便の特定は簡単なはずです」

「乗っていた車両は、3両目か4両目、つまり真ん中辺りです」

と矢継ぎ早に駅員さんに状況を話す。
しかし彼は、それがマニュアルなのか、まずパソコンで忘れ物リストに出ていないか調べ、
「各駅に電話しますので、時間がかかりますけど大丈夫ですか」
と言う。

「だから、渋谷駅に電話してください。さっき言ったように電車を特定してもらってください」
と頼む。

渋谷駅は終点なので、必ず忘れ物の点検をしてからいったん車庫に入る。
つまり、渋谷駅で網棚の忘れ物が見つかる確率は高い。

やはりと言うべきか、渋谷駅でそれらしきかばんが見つかった。
財布の中に免許証が入っているので、それで名前を特定してもらう。

「どうしますか?」と駅員さんが問う。
「何がですか?」と問い直す。
「今からとりに行かれますか。明日にしますか?」
時間は22:30を回っている。
別の駅員さんが「最終大丈夫ですか?」と聞く。
私は、この駅で降りるだけなので、渋谷までの往復が出来ればいい。

「渋谷に行って戻ってくるだけなので、最終間に合いますよね?」
「そうですね。赤坂見附まで行って、そこから渋谷に行っても大丈夫でしょうね」

私は副都心線で渋谷に行った。
地下深い副都心線ホームから3階にある銀座線の渋谷駅への乗り換えは面倒だ。
銀座線の事務室まで行き、無事かばんを受け取る。

手荷物二つとかばんを持って、3回の銀座線事務室から再び地下深い副都心線ホームへ。
今度は荷物を忘れぬように、しっかりと足の間にはさんで、
網棚になど載せぬように気をつけて席に座る。
座れたので雑誌を読む。

気がつくと池袋にいた。 orz.

副都心線には地下鉄には珍しい急行があって、渋谷の次は新宿三丁目なのである。
記事に夢中になっていて、乗り過ごしたらしい。

読んでいたのは日経ビジネスなのに。
しかも、それほど真剣に読んでいたのは
高木沙耶が、本名の益戸育江に芸名を変えて出ていた、この記事だった。

それほど真剣に読むものじゃないんだけどなあ。

ちょっと疲れていたかなあ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

副都心線は危険です!
私は毎日乗っていますが、普段と違う電車に乗って(本でも読んでると)とかなりの割合で違うところに行ってしまうので、最近はちょっと待ってでも必ず同じ電車に乗るようにしています。。

お疲れ様でした。

和光に行くときは大変

副都心線と有楽町線で、いろいろ間違いますよね。
気をつけなきゃ。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ