FC2ブログ

サイエンスカフェとカジュアルな勉強会の違いって?

まあ、そのままです。
なんだろうと。

というよりも、私はきっと、サイエンスカフェを「カジュアルな理系勉強会」と捉えたいのかもしれません。

だから、初音ミクナイトが、サイエンスカフェだと思えないんだな。

関連エントリ:サイエンスカフェって何ですか? の答えは?

で、カジュアルな勉強会ならば、こんなやり方もいいなと思うエントリが

カジュアルな勉強会の進め方:idea*idea
>参加者が20名~30名程度、ゲストが来てしゃべってくれる、という勉強会には効果的かと。ご参考までに。

構造的には「サイエンスカフェ」の規模ですよね。
詳しくは読んでいただきたいので、ツボをいくつか。

巨大ポストイットを用意
ホワイトボードでもいいですが、スペースが足りなくなることが多いので、巨大ポストイット(イーゼルパッド)があると便利っす。

自己紹介と席順マップ
自己紹介を聞きながら司会者はイーゼルパッドに「席順マップ」(席順と名前がわかるような図)を書くと良いでしょう。あとで「あの人の名前がわからない!」ということがなくなります。

テーマについての質問を先に出してもらう

本日のテーマについて説明し、その周辺で疑問に思っていることを書き出してもらいます。特に制限は設けず、「テーマについて疑問に思っていることをなんでも」という具合に出してもらいます。

参加者の質問を発表してからゲストのプレゼン

その場にいる人が疑問に思っていることがすべて分かっているので、適当に資料をはしょりながら発表することができます。参加者も聞きたいことだけ聞けてハッピー。

これ結構いいかものポイントなのです。
>まぁ、つまるところ、ゲストのプレゼンをいきなりやらずに、その場に来ている人の疑問をすべて吸い上げてから議論を開始する、という手法です。

サイエンスカフェで、ゲストスピーカーがしゃべっただけになるものが多いので、
まあ、最初から質疑応答を考えてないのも多いらしいですが。
こういうスタイルだと、参加者もうれしいのではないか、
ゲストも一般の人の理解レベルがわかりやすいのではないかと思います。

いかがでしょう?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ