FC2ブログ

リガクルは、東大、カガクルは朝日

ladylake さんの「お知らせページ」(なんて、端的な名前!)で、
リガクルの紹介が出てました。

すいません、ここから説教です。でも、本の売り方に興味がある人は読んでください。

本の画像をクリックするとアマゾンにつながるのかと思ったら、そうなっていないんですね。
これは不便だなあ。思い立ったらすぐ買いたいじゃない。
あとでと思ったら買いませんよ。もったいない。

しかも、自分でアマゾンで注文しようと思ったら、アマゾンのページには書影がない。
リガクル 1―東京大学理学部の今がわかる本 (1) (日経BPムック)リガクル 1―東京大学理学部の今がわかる本 (1) (日経BPムック)

日経BP企画 2008-05
売り上げランキング : 573554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これはまずいです。
書影のない本の売れ行きは低くなります。
ましてや、書評ブロガーたちからは嫌われます。

たとえば、日本でもっとも有名な書評ブログだろうと思う
404Blog NotFound:ブロガーの支持を集めて10万部! 成功者から秘訣を学ぼう
>「ブロガーたちにもっと売ってもらうにはどうしたらよいか」、すなわち出版社や著者が出来ることを、本記事で述べることにします。

という中で、
>書影がないのは論外
なのですが、これもまだ多い。レイトマジョリティと言っていい。Amazonの場合、掲載者はあくまでAmazonなので書影登録に時間がかかるのもある程度やむえないのですが、自分のサイトであればそういういいわけは通用しません。実際私はAmazonに書影がない場合は出版社/著者サイトのそれを利用するようにしています。
どちらもない場合のみ、やむなく"No Image"にしていますが、この場合の売上げは明らかに落ちますし、それを学んだアフィリエイターであれば、記事掲載を後回しにしたり諦めてしまったりする公算もかなり大きくなります。


と指摘されています。次に最近各誌で取り上げられている(と自分でも暴露されている?)

マインドマップ的読書感想文:【目指せdankogai】書評ブログでアマゾンアソシエイトに挑戦!?
>■書影がない本は出るまで待つ
>「知らない著者さんの書影がない本」を買ってくれる方というのは、私にしてみればチャレンジャーです。


とご指摘です。

ジャンルがジャンルなので、なかなか、こうした書評ブログに取り上げられる事はない、
とladylake さんは思っていらっしゃるかもしれませんが、
dankogaiさんは、けっこう理系本を取り上げてますし、
smoothさんだって興味が持てる本ならば、紹介してくれると思います。

すぐに日経BPに言って、日経BP書店の内容を、アマゾンに反映させてください。
日経BP書店:リガクル 東京大学理学部の今がわかる本

売る努力という意味では、勝間和代さんの足元にも及ばない努力しかしていなくて、
売れないと嘆いてはいけないと思います。

女性誌「CREA」7月号で勝間さんはインタビューに答えていました。

Q何故ベストセラーを連発されているんですか?
A 売れる方法を知っているからです。

(記憶に基づくので、正確ではないかも)

それは、地道な努力です。
今、あれほどサイン会だけじゃなくて、本屋で店員に自分を開示する人はいないでしょう。
ブログで紹介し、書評ブロガーに自ら献本し、評判を高める努力を怠りません。
もちろん、中身が優れているから、紹介するわけですけどね。

でも、どんなに中身が優れていても、見てもらわなければ意味がない。
理系の本は、どうですか? 努力してますか?
広報とか、コミュニケーションとか、努力しかないと思いますよ。

ぜひ、売れる努力をしていただきたい。そのためにブログもあるんですから。
h_K00830.jpg

お買いになる方は、書名をクリックしてください。
リガクル 1―東京大学理学部の今がわかる本 (1) (日経BPムック)

目次(日経BP書店から)
リガクル 東京大学理学部の今がわかる本

グラビア 理学の世界・色

★完全攻略 東大理学部 大樹のごとく、大きく育て
   <前期課程編>東大LIFEは駒場から始まる
   <ルートマップ>理学部・理学系研究科へ進めための進学ルートマップ
   <後期課程編>本郷で始まる専門性
   <修士課程編>専門性をより深めるなら大学院へ

★研究者が創る理学の世界
 
 私たちを包む
  松本 良  海底の露頭観察
  小林 修  水と油はうまくいく
  佐藤 薫  極寒に咲く花
 
 移りゆく刻
  茂山俊和  練金に必要な重力
  井原泰雄  人間の原理に迫る
  多田隆治  過去から知る未来
 
 深遠を知る
  河野孝太郎 銀河が誕生する瞬間
  横山央明  極限状態の流体
  初田哲男  未知の力を既知の事実に
 
 モノのかたち
  早野龍五  原子番号マイナス1
  山内 薫  光のパラダイムシフト
  青木秀夫  多様性の中の美しさ
  寺杣友秀  唯一無二の学者
 
 不思議が魅力
  塚谷裕一  干渉しない縦と横
  程 久美子 ゲノム解析後の世界
  飯野雄一  優雅なモデル生物
 
 その奥にあるもの
  平木 敬  手のひらにスパコン
  武田洋幸  世界標準となった日本のメダカ

◎飽くなき挑戦者たち
 唯 美津木/橘 省吾/竹内一将/
 高橋成雄/小早川高/平地健吾

◎国際的なスタンスで臨む研究拠点
 
 ・グローバルCOE採択プログラム
 「理工連携による化学イノベーション」
 「生体シグナルを基盤とする統合生命学」

 ・世界トップレベル国際研究拠点
 「数物連携宇宙研究機構」

★博士課程へ行こう
 座談会 
 博士課程の在籍者・経験者が東京大学理学系研究科を語る

<OBが語る>企業の雄が東大生を激励

女性もハッピーな理学部

<機械の記憶>アインシュタイン・エレベーター

<縁の下のチカラモチ>実験装置試作室

データで見る理学部・理学系研究科

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リガクル、すばやい!

昨日、長々と説教を書いてしまった。 リガクルは、東大、カガクルは朝日 すまん。本当に申し訳ない。 今見ると、アマゾンサイトには書...

リガクル届いた。読んだ。驚いた。

文句を言うだけではなんですので、ちゃんと買いましたよ。ladylakeさん! (あ、紹介にアマゾンリンクを入れて、目次を入れましたね。さすが!...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

若だんなさん、ご紹介ありがとうございます。
てか、今見たら書影ありましたね(笑)。

ほんとですか?

直したかな?

ありがとうございます!

若だんなさん,いつも応援ありがとうございます!のいのいさんがすぐにあげてくださったようです.勉強になります!

なによりです!

おお、ご本人からのコメントだ。
よかったですね。書影は大事ですからね。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ