スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】OLYMPUS STYLUS1はやっぱ良いカメラだわ:2014年6月4日




ということでカメラを買ったのに撮るタイミングがなかったわけです。

【物欲】OLYMPUS STYLUS1を買っちゃいました(その3):2014年5月1日

5月末に知人の☓☓結婚パーティがあったので室内撮影には明るいレンズということで、持ちだしていってきました。

さすがにiPhone5cでは、ぶれまくりだったので写真が取れません。
ところが、F2.8固定でノーフラッシュでこの感じです。
slbeerhall1.jpg

同じビールを注ぐところを望遠で。
slbeerhall2.jpg

望遠だと、しっかりボケが出るのがわかります。
センサーは小さいですが、望遠でボケを出すという技があるんですね。

部屋の隅にあった記念の盾も。
slbeerhall3.jpg

ビールカップルらしいメニュー表も。
slbeerhall4.jpg

しっかり明るく撮れました。
室内での食事もこんな感じ。
slbeerhall5.jpg

一部ぼかしを入れてみました。
肝心の二人の写真は、許可とってないのでお見せできませんが、色んなシーンをしっかり移して、ご本人に送らせていただきました。

やっぱりレンズが明るいというのは正義ですね。
腕が悪いので、これといった写真にはなってませんが、期待できそう。
28ミリから300ミリの全域でF2.8 というレンズ特性を活かすには、望遠側を多用するのが良いかもしれません。

ボケも出ますし、面白い効果になりそうです。

この会は、ブロガー同士の結婚だったので、会場には、高級コンデジやフルサイズのカメラの方も多かったんです。
その中で、このスタイラス1のサイズは取り回しも楽ですし、すぐカバンにしまえるし、使いやすかったです。
モニターが可変式なので、会場を見下ろした感じの写真も勘じゃなくて、モニタを下向きにして見ながら手を伸ばして撮れます。
ほとんどは、EVFを覗きながら撮るんですが、そのほうが脇が締まって手ブレしにくいですしね。

幾つかは、その場でiPhoneに転送して、主役に見せたりできましたし。

やっぱ使いやすいかも。

関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。