スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【科学】革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)が発表されました:2013年12月12日


補正予算が発表になり、その中には、こんな予算も含まれています。

革新的研究に550億円 総合科技会議、補正予算案で @日本経済新聞

政府の総合科学技術会議(議長・安倍晋三首相)は社会問題の解決などに役立つ革新的な技術開発を後押しする「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」について、2013年度の補正予算案に約550億円盛り込む方針を固めた。研究テーマの候補は12月中に決める。



当然、いきなり出てきたものではなく、8月には総合科学技術会議で決定してました。

革新的研究開発推進プログラムについて@総合科学技術会議

第22回最先端研究開発支援推進会議(2013年8月30日)において、革新的研究開発推進プログラムの骨子が決定されました。



9月には首相官邸から広報されてます。(こちら

10月の経団連タイムスでは9月に早速経団連に説明があったこともわかります。

経団連の産業技術委員会企画部会・産学官連携推進部会(須藤亮企画部会長)は9月24日、総合科学技術会議の久間和生議員および内閣府幹部から、最近の総合科学技術会議の取り組みについて説明を聞いた。



こういうことって、今はこうして広報されているんで、少しググるとわかります。
政府ー総合科学技術会議ー経団連 が一体となって科学技術予算について了解しているわけです。
知らないのは、国民だけです。

(1)科学技術関係予算の戦略的策定

今年度から科学技術関係予算案の検討にあたり、各府省の局長クラスが出席する「科学技術関係予算戦略会議」を開催し、概算要求前に各府省の認識合わせを行うという新たな取り組みを開始した。8月30日に概算要求が提出され、2014年度の科学技術関係予算総額は4兆1763億円となった。

(2)戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

SIPとは、総合科学技術会議のリーダーシップのもと、府省・分野の枠を超えた横断の取り組みを推進するプログラムである。各府省の協力のもと、14年度の概算要求として517億円を計上することができた。同プログラムでは、総合科学技術会議が選定した課題ごとにプログラムディレクターを置き、このリーダーシップのもと府省横断でプロジェクトを推進する。

(3)革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)

ImPACTとは、13年度に終了予定の最先端研究開発支援プログラム(FIRST)(注)の後継となるもの。米国国防高等研究計画局(DARPA)を参考に、ハイリスク・ハイインパクトな研究開発を推進する。プロジェクトマネージャーに大きな権限を与え、予算配分やプロジェクトチームの編成等を一任する。同プログラムの成功はプロジェクトマネージャーの能力にかかっており、産業界から優秀な人材を積極的に推薦してほしい。同プログラムは、補正予算での創設を目指す。



SIPに当たるのが、この間取り上げたCIOSTREAMを含むイノベーションプログラムですね。
(追記:違いました。これは独自に517億円で、来年度からみたい)

【科学】革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)に注目しよう:2013年11月1日

補正予算案に盛り込むけど、単年度ではなく基金化するようです。

革新的な研究開発推進 基金創設へ@NHK

政府は経済の成長戦略の一環として、リスクが高くても成功すれば社会に大きな変革をもたらす革新的な研究開発を進めるための基金を創設する方針を固めました。
このため、12日閣議決定する今年度の補正予算案に、今後5年分の基金としておよそ550億円を計上する方向で調整しています。



ファーストが1000億円でしたから、約半分ですか。
件数も大幅に減るようです。
特徴はテーマ設定とプログラムマネージャーの選定。

基金の対象となる研究テーマとしては、電気を使わない発光技術の実現や、ボールの大きさ程度のスーパーコンピューターの開発、それに手や音声を使わずに考えたことが瞬時に機器に反映される技術の開発などが想定されています。研究テーマごとに、提案から実行まで大きな裁量権を持つ「プログラムマネージャー」という名称の研究責任者を置き、そのもとに産学官からすぐれた研究者や企業を集めて、研究に専念できる環境を整えるとしています。



COIとの違いがわかりにくいが、こちらは研究が主体、COIは産業側が主体ということか?

テーマは12月中に決定するそうなので、それも注目ですね。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。