スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【仮説】OK基準とNG基準:2013年12月10日



世の中には、OK基準で生きている人と、NG基準で生きている人がいて、同じものを見ても相容れないのかもしれない。

というようなことを、昨夜考えていた。

OK基準というのは、OKされたことを基準としている人で、「それは大丈夫」「ここまでは大丈夫」と示されると動けるけど、OKの基準がないと判断も出来ない人のこと。

NG基準は、NGとされたことを基準として生きている人で、「それはダメ」「ダメに決まっているじゃない」と言われて育ってしまい、NGが先に立ってなかなか踏み出せない人のこと。

これは裏腹で、「大丈夫と言われてないからNG」というのがOK基準ということもできるし、「ダメと言われてないからOK」だと思うのがKG基準とも言える。


OK基準の人は、OKの範囲が明確だとポジティブ思考になれるけど、反対に勝手にNGを判断しがちになると自己規制が強いネガディブな人になる。

NG基準の人は、ネガティブな人に思いがちだけど、NGとされたことだけがダメで、それ以外はOKだと判断していまうと超ポジティブというか、ぶっ飛んだ人になる。

日本は、NG基準な社会で、OKを慮りながら広げていくグレーゾーンが広い社会だ。反対から見れば、完全なNGさえ踏まなければ大抵のことは大丈夫だとも言える。法規制が多く見えるけど、実は現場判断で動いている超法規的なところがある。

欧米は、OK基準な社会で、OKを合意形成して動いていくグレーゾーンが狭い社会だといえる。反対から見れば、NGがはっきりしていてわかりやすい。イギリスに長く成文法がなかったのは、OKが合意されてないものがNGという公私の区別と中間領域の明確さがあったからだろう。

日本は、いまNG基準とOK基準が暗黙の了解で使い分けられているというか、共存していて気持ちが悪いことになっているのではないだろうか。

どっちかに統一しないと、国際法上も国家としても危うくなりそうな気がする。
他の国からわかりにくい暗黙の了解(NG基準)をやめて、OKを合意形成する社会にしていかないと、他国からの信頼も得られないし、NGの範囲もOKの範囲も異なってしまっている世代間格差も埋められないように思う。

すでに、OK基準とNG基準の戦いは始まっていて、すれ違っている。

【考察】「うちらの世界」を読んで考えた:2013年8月8日

彼らの行動原理は「大丈夫」「いいんじゃね?」「問題無いべ」であり、
「いやあダメでしょ」「それはヤバイって」「普通違うでしょ」というような優等生の論理ではない。


この「うちら」の世界は、NG基準だけど、解釈がOK優先だ。
ダメと言われてないことはやってもいいのだ。
でもそれは、OK基準の社会ではない。

OK基準でNG優先な欧米の思考方法では、してはいけないことを明確にして、それ以外はOKなのだから。
それが契約社会であり、明文化されてなければ、それはOKなのだ。
その思考方法の前では、内輪でのOKを優先する思考法は成立しない。

それダメでしょ、じゃなくて、大丈夫だよね、で通ってしまう狭い世界がいたるところにあるということ。



狭い社会の「大丈夫」はOK基準ではなく、NGを狭く規定して、OKを曖昧にしているから生まれる。

NG基準の社会は、社会通念とか社会道徳とか、行動規範の共有というのがあって成立する。

日本はそういう社会だと思い込んでいたけれど、それが揺らいでいることを明らかにしたのが「うちらの社会」だったと思う。

このままでは駄目だ。

だから、OK基準に転換し、何がOKかを合意形成していかないと日本社会は立ち行かないのではないか。
「誰が大丈夫だって言ったんだ」ということを明らかにしていくのが、教育だろうし道徳だろう。

でも「大人がいなくなった社会」で誰が道徳を教えられるのか、そこが次の問題。
結局、教育に行き着く。

実は、OK基準とNG基準について考えだしたのは、特定秘密保護法について考えている中でだった。

アメリカの要請で作られたはずの特定秘密保護法が、何故指示をしたアメリカも驚くようなザル法になってしまったのか。
それは、彼我の政治家の思考の出発点の違いではないのか。
そこでいきついたのが、NG基準とOK基準だった。

秘密保護法とか、道徳の復活とか、最近の自民党の活動が、NG基準社会からOK基準社会への転換に使えるのならば、それは必要だと思えるけど、そうなっていない(というか、そういう意識のもとではない)ことが、ファシズムに向かっているようにみえる理由ではないだろうか。

OK基準の社会は、OKの合意形成という背景をなくしてしまうと、OKを与える社会になってしまうから。
OKを肯定し、NGを少なくする社会にしていかないと、息苦しい社会になってしまうから。

そこら辺が問題の根源ではないのか、と思う次第。

関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。