スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【苫小牧】第5回北の燐寸アート展が気になる:2013年11月14日


苫小牧が製紙の街と言われる以前、マッチの街だったらしい。

840_large.jpg

第5回北の燐寸アート展@MEDIA MATI-X

 今年の北の燐寸アート展は、苫小牧と札幌で開催される。苫小牧は11月16(土)~23日(土)、札幌は12月12日(木)から17日(火)迄、「ギャラリー石の蔵はやし」で移動展として開かれる。開場時間は11:00~17:00。札幌で開催するのは初めて。




第5回 北の燐寸アート展開催のご案内@マッチ時報

北の燐寸アート展とは、明治時代にマッチの軸木をつくる工場があった苫小牧から、マッチにまつわる作品を発信するものです。
ラベルを描いたり、軸木を用いた作品だったり、マッチ箱にしかけがあったりと、毎年趣向をこらした個性的な作品が揃います。



マッチの軸木を作る工場があったんですねえ。
しかも、明治時代には日本さん大輸出産業の一つがマッチだったらしいですよ。

マッチは、苫小牧に王子製紙が進出する前に、マッチの軸木、製函工場のある工業の町として知られていた。その製品がマッチの本場・神戸に送られ、日本三大輸出産業の一つとして世界各国に輸出されていた。こうした歴史を背景に、苫小牧はマッチゆかりの地であることから、歴史を学び、新たな形で燐寸アートを発信しようと北の燐寸アート展は企画された。



今、マッチを見ることもめったにありませんが、マッチ箱のデザインには素敵なものが多いですよね。
マッチそのものを使ったアートや、マッチ箱のアートなど、色々見られるみたいです。

マッチ売りの少女にも見せてあげたい季節ですね。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。