スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京五輪】パラリンピックの準備にも注目したい



オリンピック招致が決まったということは、パラリンピックの招致も決まったということです。

もともとパラリンピックという言葉は、64年の東京大会で生まれたらしい。
パラリンピックの歴史@パラリンピックサイト

そもそも「パラリンピック」という名称は、「オリンピック開催年にオリンピック開催国で行われる国際ストーク・マンデビル大会」=「Paraplegia(対まひ者)」の「Olympic」=「Paralympic」という発想から、東京大会の際に日本のマスコミが名付けた愛称であった。



オリンピックと同じ都市での開催は、東京以降定着せず、名称が正式にパラリンピックになったのも88年のソウル五輪からだそうです。(wikipedia)

1985年、IOCは国際調整委員会(ICC)がオリンピック年に開催する国際身体障がい者スポーツ大会を 「Paralympics(パラリンピックス)」と名乗ることに同意した(オリンピックスという言葉を名乗ることは禁止された)。
しかし、従来のパラリンピックという言葉は、対麻痺者のオリンピックという意味であったことから、身体障がい者の国際大会になじまなかったため、パラ=Parallel( 類似した、同様の)+Olympics(オリンピックス)と解釈することになった。

(パラリンピックサイト)


となれば、なおさらパラリンピックを東京五輪の一つの大きな要素と位置づけ、
東京に戻ってきたパラリンピックということで、オリンピック以上に「おもてなし」の心で開催したいものだ。

日本の歩道は、車椅子で歩くには傾斜が多いし、車いすもヨーロッパのメーカーの作るものと比べると心もとないという声も聞く。
この際、東京をパラリンピック仕様に治すくらいの改革を猪瀬知事に期待したい。

もうひとつのオリンピックなのだから、オリンピック終了後にもう一度パラリンピックで盛り上がるくらいの状況になるといいなと思う。
そして、障害がある方々が、復興した東北を自由に散策できるくらい、東京から東北の道路や街並みが新たな豊かさを備えたものになっていることを切に願いします。


関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。