スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【勉強】第7回デザインマーケティングカフェ(#dmcafe)に行って来ました:2013年7月12日




e0103695_21521237.jpg

昨日久しぶりにウジトモコさん主催のデザインマーケティングカフェに行って来ました。

第5回 デザインマーケティングカフェ 「デザイン×ビジネス」これからのクリエィティブの話をしようin東京に行って来ました:2012-02-03(10:53)

前回行けてないので、1年半ぶりか。
その間にまた新刊本を出しているウジさん。

伝わるロゴの基本  トーン・アンド・マナーでつくるブランドデザイン伝わるロゴの基本 トーン・アンド・マナーでつくるブランドデザイン
ウジ トモコ

グラフィック社 2013-06-07
売り上げランキング : 17579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回はこの本の話も絡めてのはずが、ゲストの話が盛り沢山すぎて、かなり割愛。
ジャンケンに途中で負けて、この本がもらえなかったのが残念(買えよ)

場所はいつものインターナショナル・デザインリエゾンセンター。
ちょうど、いまこの展覧会が開催中だった。

東京ミッドタウン・デザインハブ第40回企画展「日本のグラフィックデザイン2013」

日本グラフィックデザイナー協会が毎年出版している年鑑『Graphic Design in Japan』。
2013年版の発行を記念して、約300点の作品を実物と映像で展示します。
身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザイン、複数のカテゴリーをまたいだ広告のプロジェクトに至るまで、世界に誇る日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。



久しぶりにガッツリグラフィックデザインを見たなあという感じ。
これだけでも来てよかったなのだけど、今回のゲストもお話が面白かった。

ゲストの「VJ_TAKUMA」氏は、

メディア企業でアプリやAR(拡張現実)等を絡めた多彩なクロスメディア企画を展開し、一方、プライベートでも、ソーシャルメディアを駆使したイベント企画を数多く手掛け、意欲的に活動をされている



ということで、メディアに依存しないと言うよりは、メディアを超越したマーケティング展開という方が正しいでしょうか。

デバイスに依存しないコンテンツとコンテキスト/企画とは
1)ソーシャルメディアの新活用法
 セレンディピティを得るソーシャルメディア網の設置方法
2)メディアミックスプランニング×バズマーケティング
 成功例と失敗例から学ぶCGM (Consumer Generated Media) の活用法
3)クリエイタープランニング
 企画を着地させる為のクリエイター言語の翻訳方法とバッファの作り方 
4)質疑応答



という内容で、本当に盛りだくさんの事例紹介に乗って、あれもこれもこの人なの!的なお話が聞けました。

書けないことが多いのですが、印象に残ったのは【通す力】ですね。

ソーシャルメディアの力はバズによる広がりなのですが、それをどう数字にして、決定権のある人達を納得させるか、また、アーティストのクリエイティブを、決定権のある人にわかり易い言葉に置き換え、説得力のあるペーパーに書き換えるか、そこに今回のお話の真髄を見ました。

これは、そこで展開されているテクノロジーや事案の優劣に限らず多くの企業でありがちなことで、「決定権のある人はたいてい年寄りで、物を知らない」ということなのです。

この権現が有ってものを知らない人たちを、どう納得させるか。
そこに【クリエイティビティ】が発揮されているわけで、実はクリエイティブの実現に重要なのは、「とっぴな思いつきを形にする」ことだけではなく、それを「どう理解しなくてもいいから納得させるか」なのです。

理解はできません。知らないんですから。でも、納得して金を出してもらわないといけない。
そこで【翻訳作業】というか、「アーティストの言葉を金に変換する作業」が必要なのです。

それに非常に苦労され、しかも長けている方だなと感じました。
そうじゃないと、大企業では成功しにくいですけどね。

それと、才能を見抜く目と、才能に愛される人柄、ということを持っている方で、それこそプロデューサー気質だし、DJは素材を組み合わせる力と、会場の反応を見ながらバランスをとることが重要だから、DJ的なセンスが仕事にも生かされているなと思った次第。

プランニングそのものが優れているのはもちろん、プランニングを実現するために必要な能力がわかることと、その能力を持っている人(アーティスト、クリエイター)に企画を説明できる力、そして、そのプランを通すために決定権者に説明できる力、それがバランスよく兼ね備わっているのが、素晴らしい。

ついプランニングを誇ったり、アーティストとの人脈を誇ったりするのですが、企画を通す力がないと、その自慢の能力や人脈は発揮できないわけです。
だから、この通す力が重要だということを、デザイナーとかプランナーは学んで欲しいですね。

私も大変勉強になりました。

関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。