スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】日本人こそ見直したい、世界が恋する日本の美徳

日本人こそ見直したい、世界が恋する日本の美徳 (ディスカヴァー携書)日本人こそ見直したい、世界が恋する日本の美徳 (ディスカヴァー携書)
永田公彦

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-12-25
売り上げランキング : 2715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これのキンドル版をiPadミニに入れておいて、
韓国への往復の飛行機の中で読んだ。

こういう本は、日本の中にいて読んでも「何言ってんだ」となりがちだが、
海外で読むと、気がつく点が多いのではないかと思ったからだった。

そして、それは正解だった。
日本を客観的に見ることになり、日本人の一般的な振る舞い、風習、当たり前だと思っていること等が、韓国の街の中で浮かび上がってきた。

どちらが優れているということではなく「違う」ということがはっきりした。
そして、自分がどちらが好きかといえば、やっぱり「日本の美徳」だなあと思った。

善悪ではなく、好き嫌いの部分だけどね。

でも、日本人でありながら、日本のこと、日本人の持っている美徳について、好きじゃないとアイデンティティとか言ってられない気もした。

やはり、周りを歩いている韓国の人たちとはどう考えても違うのだから。
彼らのほうが、からだはガッチリと骨格がしっかりしていて、男性はややムキムキで、女性はほっそりとしつつも筋肉が適度に感じられ、スタイルがいい人が多い。
パワーが感じられる。

比べて日本に帰ってきて本当にがっかりしたのは、新宿の街角で見かける人たちの、そうした体格、体型のことだった。
頭でっかちでひょろっとしているか、寸詰まりで華奢か、バランス悪く太っているか、韓国では見かけない体型ばかりだった。

でも、これは、ひょっとしたら人類として進化した果てなのかも知れない。
生き物としては、韓国人のほうが強そうだし、生き残りそうだけど、人類が動物としての進化を外れ、力もなく、体力もなくても生き抜く存在となっていくのだとしたら、日本人のほうが、そうした適応をいち早くしているのかもしれない。
寿命も長いし、食べているものはもともと長寿命食だし、だいいち味付けが繊細でウマイのだから。

反動的になる必要はないけれども、冷静に日本人の良いところ、世界の人達にも真似してもらってもいいところを考える必要はあるのではないか。

筆者が指摘するように、日本式を捨ててアメリカのようになることばかり考える必要はない。
すでに多くの点で失敗していること(アメリカ型経営とか)を、ありがたがって輸入して、新たに失敗してきたのが、この20年だったのではないか。
今一度、日本の風土に有った、日本人の性根に沿った、日本的なあり方を見つめ、その根柢にある人類共通の美徳になるものを抽出していく作業が、日本人に必要なのではないか。

そういうことを考える切っ掛けとして本書はおすすめである。
そして、出来れば、海外への渡航途中で読むことをおすすめする。
飛行機を降りてから見る景色が、少し変わってくるだろう。

日本人こそ見直したい、世界が恋する日本の美徳 (ディスカヴァー携書)日本人こそ見直したい、世界が恋する日本の美徳 (ディスカヴァー携書)
永田公彦

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-12-25
売り上げランキング : 2715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。