スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【饂飩】味噌煮込みうどんには山本屋本店と山本屋総本家があるそうな


yamamotoya.jpg

先日、名古屋出張の折に、久しぶりに味噌煮込みうどんを食べました。

栄でミーティンが終わった後だったので、近所の店を探して入ったのが、
山本屋本店栄中日ビル店

ここは地下鉄が形成する地下街と続いているビルの地下街の一角で、人気店のようでした。

そういえば確か、以前、栄で路面店で食べたなあと思ったので調べてみました。

するとどうもその店は、山本屋総本家の本家(本店と言わないらしい)だったようなのです。

どちらも鍋の蓋に「山本屋」とあるし、蓋に穴が開いてないので取り皿代わりになるという説明もあるし、同じかと思ってました。

山本屋総本家のはじまりを見ると、こちらのほうが古そうだけど。

鍋は、煮え方も遅いが、冷め方も遅い信楽焼。
この土鍋の蓋には穴がない。
蓋をしないで煮るから、空気穴はいらない。
この蓋を小皿代わりに使ってうどんを食べるので一石二鳥である。
お腹に余裕があれば、蓋にご飯をとり、味噌をかけて
食べてもよい。
これであなたも味噌煮込通。

(山本屋総本家HPより)

麺も、どちらも粉と水だけで塩を使わず、打ち粉にそば粉を使っていると言う説明も一緒。

生のうどんを直に煮るのが「煮込うどん」。
ゆでてから煮るのは「鍋やきうどん」。
塩を入れて打ったうどんは生のまま直に煮ることはできない。
山本屋のうどんは粉と水だけ。固く練って太い角に切ったもの。
"生きた"うどんだからこそ煮込の味が生きるのです。

(山本屋総本家HPより)

この両者の違いには、ネットでもいろいろな説明があります。

名古屋名物味噌煮込みうどん対決!「山本屋本店」VS「山本屋総本家」 @ライフハックブログKo's Style

これ、全く無関係の、別の会社です。
まぎらわしい。。。URLまで。。。



「山本屋本店」と「山本屋総本家」は、どちらが本物なんでしょうか。@yahoo知恵袋

そのむかし、名古屋の下町・大須にあって廃業してしまった元祖『山本屋』の流れをくむのは、『山本屋総本家』です。
といっても元従業員が、名前を使って始めただけとされています。

他方、元祖『山本屋』とは無関係ながら、後年になって元祖から商号を譲り受けたと主張しているのが、『山本屋本店』です。



山本屋本店の方は、14店舗で、すべて中京圏。主に名古屋市内で展開してます。

山本屋総本家の方は、9店舗。でも、東京に2店舗あります。(神田和泉町と人形町)

このへんが両者の違いかもしれませんね。

両者を食べ比べるのもいいかもしれません。

山本屋本店は、ネット通販もやってます(公式店舗)し、楽天の店舗もあります。

山本屋総本家も、オンラインショップもあります。

私が好きなのは、卵の黄身を潰さないように麺をひと通り食べたあと、一緒についてくるご飯に、みそ味が染みた黄身をのせて、少し汁を掛けて、卵を潰して混ぜて一気に掻きこむという、下品な食べ方です。

うまいですが、周りから怪訝そうな顔で見られても責任は取れません。

(この記事は、味噌煮込みのステマではありません(笑)
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。