スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】田中真紀子大臣の大学許認可発言に思う:2012年11月7日




このところ、Facebookやツイッターでも話題になっている大学許認可問題。

いろんな議論があったけど、秀逸だなと思った比喩が、東大の佐倉統先生のこのツイート




このツイートをFacebookでシェアしたわけですが、色々見ていくと、佐倉先生はその前には、こんなこともツイートしていらした。


その前には、熊谷千葉市長のつぶやきを佐倉先生がRTしていた。


そして続きが




こう続けて読んでみると、私がさらに付け足して書くことはとくにないのだけど、折角の機会なのでブログでまとめてみることにしました。

私は、個人的には、大学建てるのも潰れるのも商売だと思います。
なので、文科省が許認可を振りかざすことそのものに疑問を持っていますが、大学を取り巻く問題で言えば、入試が厳しくて卒業が緩いこの国の教育のあり方同様に、許認可がキビしくて、立ってしまったらこっちのものというような、継続の緩さのほうが問題ではないでしょうか。

審査基準は、継続の方に設けてはどうなのでしょうか?
潰すべき大学は潰し、ヤル気のある新設校を募集したらどうなのでしょう。
だらだら設けるためだけに、さしたるアウトプットもないままに運営されている大学がある方が、よっぽど国益を害するでしょう。

話を戻して、民主党がなぜ、この田中大臣の発言を許したのかが気になります。
多分、解散しないことで頭がいっぱいでよく考えていなかったのでしょう。
文部官僚の決定に逆らう「いちゃもん」は民主党としては、これまでの「政治主導」に鑑みて、是としたのかもしれません。

でも、設置審査会自体は、申し込まれればみんな通しているわけではないので機能しているわけです。
それを、いきなり答申に対して、委員の資質に関わるようなこと(大学人ばかりだとか)を言って「後出しジャンケン」するのは、田中大臣に無理があるでしょう。

「後出しジャンケン」は民主党の得意技であり、この数年、様々な面から「後出しジャンケン」で日本を揺るがしてきたわけです。
でも、結局その声も「言うだけ」で「先送り」になるばかり。
この国の新機軸を打ち出すものにはならなかった。
当初はそうした「いちゃもん」に快哉を叫んでいた国民も、すっかり「飽きて」「嫌気が差して」しまった。

確かに、文科省の許認可手続きは田中大臣お得意の「庶民的な視点」で考えると、おかしな事ばかりなのでしょう。しかし、その手続を改めることと、すでに1年近くの委員会をくぐり抜けた答申をひっくり返すことは、佐倉先生も熊谷市長も指摘されているように、別の手続きであるべきです。

やはり、この答申は通すけど、そのプロセスに疑問があるので、新たな基準を作ります、とすればよかったのではないかと思うわけです。

また、今回の新設3大学には、短大から四年制への移行が2校あるのと、公立大学が含まれている点を見ても、許認可のダメを出すのに無理があったなと思います。自治体絡みで反抗してくるし、各大学の実績などを見るとダメである理由が見つけにくいわけですし。

そういう点でも、田中大臣の思いつき勝負にしては、分が悪過ぎますね。

私が今回感じたのは、文科省と張り合うにしても、世論とくにマスコミの論調を味方につけるべきなのに、これまで世の中の動きを感覚で捌いて、自分に有利な動きを作ってきた田中真紀子にしては、その点の分析が甘いというか、彼女も老いたりということでしょうか。

さらに言えば、文科省官僚のダメさ加減が露呈したわけですね。

なぜ、答申を通して、審査基準を新設するような落とし所に持って行け無かったのか。

事業仕分けで「2番じゃダメなんですか?」と問われて「ダメです」と言えなかった時から文部官僚が大きな声に弱いのはわかっていましたが、今回の騒動で、その感をさらに強くしました。

右から左に通すための「作文」はするけど、積極的な「対論」はできないのですね。

実は今回の騒動を通して、最も私が懸念するのは、この官僚の弱体化です。
政権交代が度々起こりうることが予想される、現在の政界の流動化が進む中で日本が右往左往しないようにするにはどうすれば良いか。
そこで、日本国が国際的なステイタスを保っていくような一貫性を持っていられるかどうかは、やはり官僚の能力にかかっているわけです。

それは、官僚支配というようなこととは別の面で、国益に対して官僚が毅然と政治家と対峙していられるかどうかなのです。政治家が私利私欲や選挙区への利益誘導に走らないように、国益に即して働くのが官僚の仕事だと、私は思います。
もちろん政治家が国益に即して、大きな変化を求めるときは率先して協力し、実務を牽引するのも官僚です。

官僚が政治家の一挙手一投足で右往左往してはいけないことを、今回の騒動は示しているのではないでしょうか。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。