スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】「コミュ障」は流行りそうな気がする:2012年9月13日




最近、妻が中間管理職としての悩みを愚痴る事が多い。
そういうお年ごろなのだろうと思っていたのだけど、私も長年零細企業の管理職として、いろんな社員のうつ病やら出社拒否やら入院やら通院やらと対応していたのである程度経験はあるつもりで彼女の話を聞いていると、どうも最近はちょっと以前とは違うのではないかと思われる話が多い。

彼女の会社はIT系なので、私のいた会社のようなデザイン系とはタイプが違うからかとも思うが、どうもそう言う問題ではない話も散見される。
詳しいことは書けないけど、そうした事例を聞いていて思うのは、根性とか仕事の覚え方とか言うような問題ではなく、とっても現代的な病気なのだということ。
いま私は仕事で脳科学やら心理学やらと接しているので、どうもニュータイプが街にあふれているらしいことはわかってきた。そこに合致しているのだ。

そんな折、こんな本が出た。
あなたのまわりの「コミュ障」な人たち (ディスカヴァー携書)あなたのまわりの「コミュ障」な人たち (ディスカヴァー携書)
姜 昌勲

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-08-26
売り上げランキング : 5042

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


相からず素早く宣伝する社長ブログで拝見し、早速購入した。

それって、「コミュ障」!? そして、「悩み方の作法」 ●干場@ディスカバー社長室ブログ

コミュ障とは、リア充の反対というか、要するに、コミュニケーション障害の略。
新型うつ病、アスペルガー症候群、ADHD、パーソナル障害、、、、、
急増しているのは、社会の変化によるものか、病名がついたからかどうかはしりませんが、ともあれ、職場にめずらしくなくなったちょっとあれな人たち。



まさに、ウチの妻が悩んでいるような症例が盛りだくさんで、どうも彼女は「コミュニケーション障害を抱える社員を持つ上司」のようなのだ。

読んでみて、本書は、その文章のわかりやすさ、症例の多さに、さすが臨床の現場にいる方の書く物は一味違うと唸り、さらに、文中で精神科医であるご自身がADHD体質であることを告白されている事にも驚いた。

ADHDでも精神科医になれたのは「自分には勉強という得意分野があったから」と書いてあるあたりは、実は、重要な示唆を含んでいると思われる。
ひとつは、こういう自己分析の確かさがコミュ障であっても社会適応できるという実例だということであり、もう一つは「勉強ができると許されちゃう社会」の存在が、このコミュニケーション障害、略して「コミュ障」な人たちを取り巻く問題をややこしくしているということなのだ。

東大生の4割がアスペルガーだといった研究者(東大教授ではないらしい)もいるそうだけど、アスペルガーのような自閉症スペクトラムの病気は、集中して勉強するのは得意だから、東大にも入ってしまうんですよね。
そして、その過程で、社会性の無さとか協調性の無さが、特段問題にもならないような環境にある場合も多いから、気が付かない。

そして、会社に入って、お互いに困るわけです。
上司も、そして本人も。

そうした状況を、この本は実に的確に書いていて、思わず妻に本書を渡して読むように言いました。
ただ問題は、彼女が私の薦めた本を読まない傾向が見られることなのですけどね。



干場社長が書いているように、これは病気の本ではなくビジネス本だと思う。

ありそうでなかった、コミュニケーションやヒューマンリソースマネジメント系のビジネス書としても読める実用的な本です。



最近の部下がわからんなあと思う上司の人も、なんとなく会社とうまくいかない若者も、この本を読むといいと思う。
自分のことを見つめ、自分のトリセツというか、社会と自分の適応の仕方が見つかる本ではないでしょうか。




それにしても、コミュ障って、略語は、今後流行りそうな気がします。
「あのひとコミュ障だから」とか、言いやすいしね。

そうなると、またディスカヴァーさんは新たな金脈を掘り当てたことになりかねませんなあ。
何よりですねえ。

あなたのまわりの「コミュ障」な人たち (ディスカヴァー携書)あなたのまわりの「コミュ障」な人たち (ディスカヴァー携書)
姜 昌勲

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-08-26
売り上げランキング : 5042

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。