スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【旅行】新市街で見た面白いもの:BCN-IST2012(ISTの6):2012年7月12日



旧市街が歴史的遺産だらけだとすれば、新市街は今のイスタンブールの勢いが垣間見える場所でした。

タクシム広場からノスタルジックトラムが走っているイスティラーク通りのあたりはブランドショップが立ち並び、買い物をする人であふれています。

そんななかで、トラムの車庫の手前にあった公衆便所が綺麗でした。
2012BCN-IST-701.jpg
2012BCN-IST-702.jpg
トルコは、大体公衆便所がチップ制で管理されていて綺麗です。
1TL払うと紙をくれるところもありますし、改札のようになっていてジェトンを買うようになっているところもありました。
ただ、古いものだと、水が出るようになっていて桶が置いてあります。
自分で桶を使って水を流す水洗便所なんですね。
ペーパーを流すと詰まるので、外の箱に捨てるタイプのものもあり、日本人にはちょっと慣れないかもしれません。
でも、清潔感があって、公衆便所でも汚かったり臭かったりするものは見ませんでした。

通りを走る警察なのか、警備会社なのかわかりませんでしたが、こんなもので移動していたり。
2012BCN-IST-711.jpg

ワイルドだろ~~。って感じの大型バイク。
2012BCN-IST-710.jpg

街のあちこちで見る焼き栗売り。
2012BCN-IST-705.jpg

ジェトンマチックのそばには必ずATMがあって、街中いたるところでATMがあったのが印象的でした。
2012BCN-IST-719.jpg

ATMを利用している人が多いのは、お金が回っている証拠。

トラムヴァイも朝の通勤時間はアクサライですでに満員だったし、夕方5時ころは、新市街方面から郊外に向けて満員。
テュネルやフニキュレルも観光用ではなく、地元の人が日常の足として使っている。
古いものと新しいものが混在しつつ、これからまだまだ可能性があふれているなと感じさせてくれる街でした。
ウスキュダルからスィルケジに至るボスポラストンネルはアジア側とヨーロッパ側を結ぶメトロのためだし、ボスポラス海峡を渡る第3の橋も動き出していたり、アジア側に渡ると多くの工事があってインフラの整備が盛んなことを感じました。

関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。