スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沖縄】このアプリを入れてiPadを持って沖縄行きたいなあ:2012年5月9日



iPadというのがいいですね。
iPhoneじゃ画面が小さい。

アプリ「沖縄タイムマシーン」-「沖縄の今と過去の記憶をつなぐ」テーマにNPOが企画@那覇経済新聞

「NPOちゅらしまフォトミュージアム」(那覇市牧志2、TEL 090-8293-5597)は4月28日、那覇を街歩きしながらその場で地域に関連する古い写真、歴史や出来事などの情報が楽しめるiPad用アプリ「沖縄タイムマシーン」をリリースした。


archives.jpg

その場所に行くと見られる情報があるというのは、単にiPadアプリとして電子書籍を見るのとは違って、観光の周遊にも繋がるという利点もあるだろうけど、何と言っても、その場所で見ると感動が違うと思う。

同NPO理事の垂見健吾さんは「その場にいて昔の写真が見られるのはすごいこと。まさにタイムマシンで過去に行ったような感じ。『昔はこうだった』『懐かしい』など感じてもらえたら。教育の場、修学旅行でも活用できると思う。今回は那覇だけだが今後、他府県への展開も視野に入れていきたい」と話す。



沖縄のIT 技術は高いから、コンテンツとして産業を支えるものになるといいなあ。
観光地でもゆるキャラばかりじゃなく、こういうアプリのようなものに力を入れてみてはいかがでしょう?

同アプリは、「沖縄の今と過去の記憶をつなぐ」をキーワードに、GPS機能を使い自分が今立っている地域の古い写真や、その地域にまつわる昔の新聞記事「オールドニュース」、伝説・伝承、島唄・詩歌、昭和初期の古地図など、街を歩きながらその場で多彩な「過去の記憶コンテンツ」が楽しめるのが特徴。



史跡ならばその時代の風景を思い浮かべる事ができるような絵や写真があれば、それに越したことはない。
いまはすっかり景色が変わっているかもしれないけど、史跡の価値がわかりやすい。
こういう内容ならば、観光地周遊促進に使えると思うんですよね。
北海道でもやらないかなあ。

そのほか、現在の地域周辺の観光情報なども用意。地域情報エージェント(首里池端、TEL 050-3539-1178)が運営する地域情報サイト「那覇まちのたね通信」の情報もマップ上にアイコンで表示し、地域の観光スポットやキーワードを解説した事典、イベント情報など、「今の沖縄」にも簡単にアクセスできる。



600円という価格は安いと思いますよ。
妻のiPadに入れて沖縄旅行に持って行きたいくらいだけど、
沖縄に行く予定が組めないのが残念。

沖縄タイムマシーンダウンロードサイト
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。