スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生だったら参加したかったかも:Googleサイエンスフェア

Twitterで知ったんですが、こんな企画をGoogleがやってたとは。

Google サイエンス フェア
>今日、何か疑問に思ったことはありましたか?その疑問をどのように処理しましたか?

そこから新しい道が開けましたか?その道をたどってここにやってきたのですか?

Google サイエンス フェアは、オンラインの科学コンテストで、全世界から好奇心を探し出そうとしています。13 ~ 18 歳であればだれでもエントリーできます。必要なのはアイデアだけです。


昨年から始まったものらしく、昨年は3部門で女性(女の子)が受賞している。
>2011 年、Google は Google サイエンス フェアとして、13 歳から 18 歳の学生を対象にした史上初のグローバル オンライン科学コンテストを開催しました。91 か国から 1 万人を超える学生が素晴らしい科学実験を提出してくださいました。プロジェクトのテーマは、「英語でロボットのプログラムを作成できるか?」から「ウイング付きのキールを持つヨットの速力を上げるには」、「マリネはグリルドチキンの発がん性にどのような影響を与えるか」までさまざまで、私たちは世界中の、これほどまでに幅広い分野の若い科学的才能に魅了され、刺激され、そして敬意の念を抱きました。

まずは申し込みのためにビデオを見てください。



さすがGoogleだけあって、Youtubeでの配信が素晴らしい。



しかも、いろいろな配慮がなされていて、私が感心したのは先生へのアプローチ。

先生方のためのヘルプ、ガイドライン、アイデア
>Google サイエンス フェア 2012 は、若い人たちが科学コミュニティ全般に関わることのできる独自のチャンスです。

しかし、これは皆さんの助けがなければ実行できません。先生方は、若き科学者たちが発見の旅に出ることを勇気づけ、支え、励ますことにより、Google がこの情熱と興奮を広めるのをサポートしてくださるという、絶対に欠かせない役割を負っていらっしゃいます。


まさにそのとおりで、子供たちが参加したくても学校である程度リードしないと、研究そのものをやる場がない事が多い。
だから、先生を巻き込むことが重要で、しかもそのためのツールも周到に用意されている。

>コンテストの概要プレゼンテーションから授業プランまで、すべてダウンロードできます。また、重要なヒント、規定、チェックリストも用意されており、若き科学者である学生たちに細々とした重要事項を説明する手間を省くことができます。

そして、そのプロセスにおいて、Googleの各種サービスを利用したほうがうまくいくことをアピールしている。
最初に、Gooogleのアカウントが必要だし、Googleサイトを使用してプロジェクトを提出することを義務付けられている。使うのもGoogleのサービスだし。

>提出するプロジェクトには、審査員にプロジェクトの概要を示す 2 分間の YouTube 動画または 20 枚の Google プレゼンテーション スライドも含める必要があります。動画とプレゼンテーションはプロジェクトのすべての段階を適切に、しかし簡潔に概観している必要があり、科学に対して心からの熱意があることと、コンテストで勝つことが自分にとってどのような意味があるかを示していなければなりません。

そして、提出言語は幅広いが、それでもGoole翻訳を使うことをすすめていたりする。

>注意事項: 提出物および参考ドキュメントは、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、フランス語、アラビア語、ヘブライ語、ポーランド語、日本語、ロシア語、オランダ語、韓国語、または中国語で提出することができます。Google 翻訳は、これらの言語のどれも使用しない学生にとって役立つ可能性がある無料のツールです。

当然、Google+にページを用意して、つながることもアピールしている。

Googleのサービスを利用する垣根を下げて、未来の顧客に早々と使ってもらうというマーケティングにもなっている。
しかも、賞がすごい
パートナー企業がまた素晴らしい。

日本でも私企業で、こうした企画やりませんかね。
でも、自社サービスときちんとリンクしていることが素晴らしいのだから、なかなか出来る企業はないかもね。

これが国の企画ではなく、私企業だからいいと思うんです。
しかも世界規模で、アメリカ国内だけではない。
となると、やっぱりGoogle以外には成り立たないのかなあ。

ちなみに、申込は4月1日までです。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。