スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府事故調中間報告概要を読んで考えたこと(その2)

関連エントリ:政府事故調中間報告概要を読んで考えたこと(その1)

東電の報告書と比べて読もうと思ったけど、東電は概要が無いので面倒くさいな。

東電に関して言えば、「後出しジャンケン」だとする彼らに、
いかに「違う」と言えるかなのだけど、
東電上層部は頭を下げたことがない人達ばかりなので、
まず「自分たちの非」を認めないだろうと思われる。

あくまで「事前の想定」が政府や保安院の「許可」と「合意」のもとになされており
その「想定を超えた事態」で起きたことに責任を取ることはできない、という論理だろう。

当然、その「想定」こそが問題である。

あらゆる外的状況を自分たちの都合の良いように過小(時には過大)評価して、
歪曲化された条件設定の中で作られた「想定」こそが、
自己肯定したいという狭量で傲慢な欲求に基づいた彼らの拠り所だからだ。

しかし、すべての原因がその「想定」であり、この原発事故は
その想定を設定した人間、組織が招いた「人災」なのだ。

しかも、その想定は何度も変更する余地がありながら、
「安きに流れ」(易きに流れたのではなく、安価な方向に流れた)
変更しなかったのは、清水社長の統治下だったといえる。

彼が東電の購買で購入原価を下げ、利益をもたらしたことを評価され
社長になったことを知らないものはいない。
原発もまた、彼にとっては原価のかからない方向に改善すべきものでしかなかったのだろう。
金の掛かりそうな「想定」はすべて排除されてきた。

そして、その東電の想定を見過ごし、指導して来なかった保安院は、
さらに人災の大元締めだ。
まったく能力のない人達が、判断し、指導する側につくことが、それだけ危険なことか。
私たちは、今回の災害で知ることになった。

優秀な人材が、重要なポジションに付く重要性を知った。

そして、この災害にとって不幸だったのは、
東電にも、保安院にも、政府にも
そうした人材が就いていなかったことだろう。

人材がいなかったわけではないと思うが、就いていなかった。

東電で言えば、柏崎刈羽での事故隠しなどで、
原子力畑の発言力が弱まり、上層部に直言できる原子力の専門家を欠いていた。
(あ、ここは報告書の中に出てくるのではなく、私の意見です)

保安院は、何だかよく分からないとしか言えない。
出てくる人、出てくる人、経産省の中でも出世コースとは言えない感じ。
東大の原子力で優秀な人は東電に行き、
研究者としても残れなかった人で役人になった人が行くところなのか?

最後に、問題だったのは政府、特に官邸だろう。
まあ、言ってしまえば菅直人首相だ。

報告書の概要の3 事故発生後の政府書記官の対応の問題点のなかで
(3)残された課題 として
>原子力災害が発生した場合に、迅速かつ的確に事態に対応するため、原子力災害対策特別措置法や政府の原子力災害対策マニュアル等が整備されている。


ところが事故発生時から官邸は、一貫してマニュアル等に定めのない行動ばかりをとっている。
・官邸地下の危機管理センターを使わず5階に関係閣僚等を集めた
・危機管理センターに詰めた各省庁代表の緊急参集チームとのコミュニケーション不全
・マニュアル等に定めのない福島原子力発電所事故対策統合本部の設置
・SPEEDIの不活用
・経済産業省緊急時対応センター(ERC)の不活用
などなど、官邸が東電に直接の状況報告を求めたために、
本来、原子力災害に対応するために利用されるはずの機関が使われないまま
情報の経路不全が続くことになった。

この件については、私もこのブログで指摘してきた。

関連エントリ:平時に準備しておかないと泥縄になる
>今回の震災及び原発事故に関して言えば、それは準備してなかったからですね。
でも、長い自民党政権時代に官僚の人たちは、営々と準備してきたはずなんですよ。

大震災が起きたときに初動はどうするかとか、原発で事故が起きたときにはこうするとか。

菅政権は、その平時に官僚の皆さんが自民党と協議して決めたことを「守らない」ことを決めたかのようです。


まさにそのとおりの状況で、やはり、この「泥縄」と言うか
独自の解決策にこだわった官邸の対応が、
初動の遅れにつながったことは間違いないでしょう。

原子力発電所がどうして事故を起こしたのか。
原因は地震なのか、津波なのか。
この初期段階については、もう少し現場に入れるようにならないとわからないだろうけど、
その事故がどうして次の段階、
炉心溶融にまで行き着いたのか、水素爆発を起こしたのか、
このフェーズでは、人災だといって良いのではないでしょうか。

それも、東電だけではなく、官邸との合作による人災だと。
さらに、そこに至る「想定」の作成には、保安院が大きく関係している。
いわば未必の故意として、抜け穴だらけの対応をしてきた罪がある。

関連エントリ:想定内とか想定外とか言うけど「想定」は想定者の器による

子の4月6日に書いたエントリで疑ったとおり、
「想定」そのものが間違っていたのです。

その辺が、中間報告で浮かび上がっているだけでも、
この政府事故調の中間報告は価値があると思います。


関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。