スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線は札幌まで必要だろうか?

函館まででいいんじゃないのかなあ?

北海道新幹線:並行在来線問題 札幌延伸大きく前進 分離同意の函館市長、「熟慮重ね」決断 /北海道@毎日JP
>北海道新幹線の札幌延伸で着工条件の一つになっていた並行在来線(函館-小樽間、252・5キロ)のJRからの経営分離について、沿線15自治体の同意が21日、ようやく出そろった。最後の同意表明となった函館市の工藤寿樹市長は「熟慮に熟慮を重ねた」と重い決断だったことを強調した。一方、「道民の悲願」とされる延伸へ向け大きく前進し、道庁内には「宿題をクリアした」と安堵(あんど)感が広がった。

これ、昨日、ツイートでも触れた問題。
http://twitter.com/#!/fujita244/status/149377662299799552

今日のコレとか。
http://twitter.com/#!/fujita244/status/149714203987546113

北海道新聞Twitterは連続して記事を発信している。

道新幹線 札幌―東京4時間40分/雇用18万人、経済効果は2・5兆円/東北との往来1・5倍増

新幹線悲願へ前進 経済効果に期待 観光・建設業界 長い工期不満も

道新幹線、曲折 計画から42年 景気や政治が翻弄

当然、北海道にとっては1973年の整備計画以来、長年の悲願とされてきた新幹線問題。
青函トンネルだって、新幹線が通るのを前提に作られているわけで、
とにかく、札幌まで引いて欲しいと思っている人も多い。

でもね、ほんとうによく考えているのだろうかと思うことも多い。
例えば、今回、函館市が賛成しなかった並行在来線問題。

Wikipediaの並行在来線問題を見ると
>、1990年12月24日の「整備新幹線着工等についての政府・与党申合せ」により、「建設着工する区間の並行在来線は、開業時にJRの経営から分離することを認可前に確認すること」となった。また、1996年12月25日の「整備新幹線の取扱いについて 政府与党合意」において、建設着工する区間の並行在来線については、従来どおり、開業時にJRの経営から分離することとする。具体的なJRからの経営分離区間については、当該区間に関する工事実施計画の認可前に、沿線地方公共団体及びJRの同意を得て確定する。」とされた。

ということで、新幹線が通ると、そこに平行して走っている路線がJRから第三セクターに移管するわけです。

身近な青森の例で言えば

並行在来線とは@青森県
>並行在来線の経営分離に対する沿線地方公共団体の同意は、新幹線建設着工の条件であり、本県の並行在来線区間は県境の目時(めとき)駅~青森駅までの121.9kmとなっています。

この区間は、並行在来線(青い森鉄道線)というのに変わっています。

そこでは例えば運賃が上がります。
>東北新幹線延伸にともない分離された盛岡-青森間は、JR幹線扱いであれば運賃3570円(地方交通線扱いだとしても3890円)であるが、第三セクターのいわて銀河鉄道、青い森鉄道を乗り継ぐ実際の運賃は5330円となっている(2011年1月現在)。

第三セクターの経営は、上下分離方式といって、運営は第三セクターだけど、
路線そのものはJRから自治体が受け継ぐ事が多い。

その費用が本当に函館ー札幌間の自治体にあるのだろうか?
駅ができる木古内町、北杜市、八雲町、長万部町、倶知安町、小樽市、札幌市
以外の沿線市町村にメリットはあるのだろうか?
いまのまま函館から特急でも途中停車しない自治体はおんなじってことなのか?
(ルートはこちら

沿線自治体が賛成しないと工事しないよという「脅し」にも似た手法が
未だにまかり通っているわけで、その脅しに屈服してよく考えずに賛成しているんじゃないか?
という疑問があるわけです。

函館市は、今回、新函館駅が北斗市(渡島大野駅)にできるので、
そこから函館は分離された在来線になることで危機感を募らせた。
札幌までつながれば、新幹線から乗り換えないと市内に行けないということになるからね。
市の中心部を通らない新幹線駅は乗り換え専用の新大阪、新神戸のような感じで、
新函館もそれほど栄えるとは思えないけど、函館は終点だから、
青函連絡船がなくなったときのことを思い出すと、JRが無くなるのは恐怖だよね。
人の流れが変わってしまうから。

でもそれ以上に新幹線沿線の各駅停車(こだま)相当の駅は、
厳しくなるだけのようなきがするんだなあ。
ローカル線に乗っているのは学生と年寄りなわけで、
値上げしても、その乗車賃負担が自治体にかかってくるのは見えている。
結局、いまJRが大きな路線でまかなっている負担が自治体に移行するだけではないか。

それを乗り越える在来線経営のできる社長でも据えられるのならばいいけど。
飛行機でも失敗しているしね北海道は。

道庁は、今度も、よく考えてないような気がするんだなあ。
函館までは仕方がない。

青函トンネルの能力が生かせないし、青函連絡船もなくしたんだし。
青森と函館の間は新幹線通してください。
でも、そこで乗り換えて、北海道らしいスピードで走る路線で
北海道を楽しんでいただくような列車に乗ってもらったらいいんじゃないでしょうか?

北海道に新幹線は似合わない気がします。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。