スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自炊業者に怒る作家が思っているもう一つのこと

私は自分では電子書籍は読まないんです。
iPadで雑誌を読むのは試してみたいと思ってますが、
スマホで青空文庫とか読んで見ましたけど、
ちょっとページあたりの情報量が少なすぎて、読みにくい。
しょっちゅうページめくってないといけないのが辛い。

でも、マーケティング的な話とか、市場としての電子書籍市場には
かなり興味があります。

ということで、先日、某出版社の電子書籍担当に話を聞いて見ました。
詳しくは書けませんが、そこで聞いた話は、予想とは異なるものでした。

少なくとも、紙の本の市場とは、かなり異なる世界のようです。

ということで、気になったニュースが。

「自炊」代行2社にスキャン差し止め要求 東野圭吾さんら作家が提訴@ITMediaニュース
>蔵書を電子化する「自炊」について、代行業者が行う場合は著作権法が認める私的複製の範囲を超えているとして、作家の東野圭吾さんらが代行業者2社に対しスキャンの差し止めを求める訴訟を起こした。

この話には前段があって、

「自炊」の著作権問題とは? 代行業者に作家ら反発 (1/2)@ITmediaニュース
>著作権者の許諾を受けていれば代行サービスは可能だ。しかし、「業者には許諾していない」などとして、今年9月、大手出版7社と作家・漫画家ら122人が代行業者98社に法的問題点を指摘した上で、今後も事業を継続するかどうかを尋ねる質問書を送付した。その結果、回答があった43業者のうち37業者が「今後は事業を行わない」などとし、すでにサービスをやめた業者も出ている。出版社側は今後、悪質な業者については法的措置も検討するとしている。

というような動きがあった上で、回答を明確にしなかった会社を訴えた。

この話には、実は2つの側面があると思う。

一つは、著作権上の話。
これだけの人気作家の作品がタダ同然に読めるならばと、
自炊でデータ化された「本」を買う人もいるだろうから、
自炊業者に頼んだデータを横流しされていないかを確認するべきだという点。
本当に自分が読むためにデータ化を依頼しているかどうかが分からないことが問題。

もう一つは、本を裁断するという自炊行為そのものへの嫌悪感。
例えば、記事中にはこういう記述もある。
>会見場に置かれた裁断済み書籍について、林さんは裁断された書籍について「本という物の尊厳がこんなに傷つけられることはとんでもないことだ」、武論尊さんは「作家から見ると裁断本を見るのは本当につらい。もっと本を愛してください」と話した。

実は、この点が、自炊業者への怒りになっているのではないか?
もともとデータ化されている本の転売とか、
まだまだ取り締まるべき話はある中で、自炊業者を訴えるのは、
「本への愛情がない事への怒り」なのではないだろうか。

これは「電子書籍」という問題とは別の話のような気がするし、
まだ日本で電子書籍が大きな市場を得られていない理由の一端でもある気がする。

すでに書籍は、コンテンツ以上に「本という形態」が好きな人のものなのかもしれないからだ。

その話はまた別の機会にしたい。

もう一つ気になるのは、こうした動きに乗っかる議員の動きだ。

電子化の産物@すがわら一秀オフィシャルブログ
>作品はその作家らの知的財産であり、人生観の結晶である。

それを契約を結んだ出版社が本として出版するのであり、本を手にした時のなんとも言えないあの手ごたえ。

それを、いくら電子化の時代だからと、スキャナーでパソコンに取り込み、それを電子ファイル化して他に流すことは時代の産物ととらえるだけではすまない。

それが大量にネットで拡散されれば、本はうれなくなってしまう。

この問題、国会でもとりあげていく。


国会で取り上げるべき問題だろうか?
もっとやるべきことがあるでしょう。
電子書籍のフォーマットがガラパゴス化しそうだから止めるとか。
国があんなに金をかけてフォーマットに介入する必要が有るのかとか。
(例えば、このブログ記事などを参考に)

練馬が地盤の衆議院らしい。同い年なのもなんか嫌だ。

しかも論点が、どこにあるのか、よく分からない文章。
販売の問題として、自炊業者を問題にしたいらしいが、
100件程度だし、訴えられたのは2件だし、多分零細だし。
国会議員が取り上げる話とは到底思えない。
どういう視点で取り上げるのか、そこが問題なんだけどな。

こういうブームに乗っかるような議員って、ろくなもんじゃないと思うのだけど。
どうなんでしょうね?

関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。