スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ノ輪から浅草までブラタモリごっこ

先日書いたエントリの写真版です。

関連エントリ:夜の浅草寺もいいものだ

このときトラブルで写真が取り出せなかったので、
色々貼りつけられませんでした。

やっと、写真を書きだしたので、それを貼りつけながら、ぶらり旅の模様を。

曳舟から三ノ輪駅へは、東武線で北千住に出て日比谷線に乗り換え。

三ノ輪駅の出口から明治通りと日光街道の交差点から1本裏に入ると、
実はそこが昔の日本堤に通じる通り。

程無く浄閑寺です。
散策に参加したのは40名弱。
R0012155_convert_20111201104156.jpg

この門は、江戸時代のもので、区の文化財だとか。
寺社には必ずいわれがあるので、それを見てから入ると楽しめます。
タモリさんもこうした縁起(神社仏閣の沿革(由緒)や、そこに現れる功徳利益などの伝説)を読むのが好きだとか。

R0012158_convert_20111201104329.jpg

この浄閑寺は、投げ込み寺として知られ、今も遊女たちの慰霊塔がありますが、
その前にあるのが、文人・永井荷風の碑。
R0012171_convert_20111201104441.jpg
R0012163_convert_20111201104711.jpg

荷風を偲んで当時の文人墨客が寄進したものらしい。
こちらを目当てに来る人も多いでしょうね。

慰霊塔は写真を掲載しませんので、気になる方が是非お参りに行っていただきたいです。

さてお参りを終えて、土手通りを吉原へ。
正面にはスカイツリー。

R0012172_convert_20111201105526.jpg

この土手通りを歩いていると、やはりここが一段高く、川に近い方が下がっていることがわかります。
そちらには堀があったわけですから、傾斜になっているわけですね。
この辺は、ブラタモリを見ている方にはお分かりになるでしょうが、
こういう視点で街を見ると本当に見えるものが変わってきます。

途中にあるのが有名な土手の伊勢屋。
隣がさくら鍋の中江です。
R0012174_convert_20111201105744.jpg

程なく見えてくるのがガソリンスタンドなのですが、
その前にあるのが「見返り柳」の何台目かに当たる柳。

R0012175_convert_20111201105947.jpg
R0012176_convert_20111201110053.jpg

ここは観光スポットとも言える場所で、看板もかかってます。


ここからくの字に曲がっている通りが衣紋坂といって、
江戸時代から変わらぬ吉原へのアプローチ。
古い地図と見比べると地形がほとんど変わっていません。

今回は、明治と昭和33年の地図のコピーを片手に吉原を散策。
その変化と変わらぬ点を見て歩こうという企画です。

撮影できないスポットだらけなので写真はありません。
気になったのは、最近の送迎車はハイブリッドカーが多いんだなということでしょうか。

終点は、吉原神社。古い地図はこちらにもあるそうです。
R0012180_convert_20111201110608.jpg
R0012179_convert_20111201110710.jpg

この辺りから、その先の吉原病院、弁天池のあたりは、明治からあまり変わっていません。
吉原の衛生監視のために都立の保健所と病院が作られ、
関東大震災前は今のNTTの方まで大きな池がありました。

池を巡る話は、前回書いたとおり。

こういう場所も地図を見ながら歩くと、実に味わい深い場所になります。
お住まいの方には迷惑かもしれないのですけどね。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。