スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿の奥座敷か:鮨割烹・加賀

10年以上ご近所に住んでいながら敷居が高くて入れなかったのが、この店。

鮨割烹・加賀

加賀鮨とのれんや看板にあるので、加賀鮨だと思っていたら鮨割烹らしい。
1回はカウンターと4人掛けテーブル2つの規模なので、寿司屋と思いがちだが
2回より上のお座敷は宴会も受けているし、昔は接待に使われていた。

最近は、流石に黒塗りのハイヤーがずらっと並ぶような接待を見ることはないが、
私が引っ越してきた10年ほど前には、まだIT系なのか出版社系なのか、
そういう接待の構図が、この店にはあった。

ここ数年、ランチも1000円くらいになり、夜も値段が書いてある看板を店の前に置くなど
ずいぶん庶民的な感じを押し出しているが、中に入り付け台の前に座れば、
この店がしっかりとした技術の上に成り立つ高級店であることがわかる。

おやじさんの目付きが、そのへんの店といっしょにするなよと言っている気がする。
一見さんじゃ握ってくれないしね。

結局、夕べ食べたものは(写真取れる雰囲気じゃないので、写真はなし)
先付けに枝豆(茶豆だと思う)と自家製の胡麻豆腐が出て、
妻と二人刺身をそれぞれ盛ってもらい(中とろ、かつお、すずき、車海老)、
ビールを一本。
箸休めなのか、新生姜の酢漬けと海苔が出て、この新生姜も海苔もうまかった。
私が、新子(3枚付)、白いか、鮪の赤身、佐島のたこ、小柱軍艦、車海老の蒸したの、山ごぼう巻
妻が、新子、白いか、鮪の赤身、佐島のたこ、車海老の蒸したの、かっぱ巻
それぞれ1貫づつで、締めて17,270円。

思ったよりも3割くらい高かったが、こんなものでしょう。

イス席では近所の百貨店の方らしい4人組、別の4人組、
カウンターは上司と部下らしい3人組と、接待らしい3人など、
この不況時にも平日にしっかり満杯なのは流石だ。

わかりにくいし駅からも遠いので、さながら新宿の奥座敷という場所なのだけど
そんな場所でもしっかり自力を発揮している店があるというのは素晴らしいことだなと思った。


関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。