スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下手な人ほど基本をおろそかにしている

夕べは、千駄木でうまい焼き鳥と旨い酒をしたたかに飲んだのだけど、
その友人との飲みの場で出た話から。

料理下手な人は、たいてい基本通り、レシピ通りに作らずに
いきなり自分独自の味を出そうとする、という話が
先日ツイッター上で出まわって共感したよね、という話になった。

【話題】料理が苦手な人ほどカレーをレシピ通りに作らず、チョコなど入れる
>料理が苦手な人に多いのが、最初から“背伸び”している人だという。例えば、自分は料理を苦手と思っている人にアンケートをとったところ、
カレーを作るときに大半の人がカレーのルウを2種類以上混ぜていた。コーヒーやチョコレートなどのちょい足し工夫も大多数。
ところが1種類のルウで基本通りに作ったことがあるかというと、大半の人はないという。情報がありすぎて、突然応用編からはいってしまう。



料理下手な人は、レシピ通りにやってみて最後までそれを守ることが出来ない。

例えば発言小町のこの人

料理下手は直らない?
>カレーのルーのみ余りました。
ジャガイモとニンジンをレンジでチンして、フライパンで炒めて盛り付けしようと考えました。
レンジの「根菜ボタン」を押し、自動で出来上がります。
しかしフライパンでも炒めるので、残り3分で取り出しました。そして鉄フライパンにて、焦げ目は多少付きましたが、炒め終え、ルーに混ぜました。
とても自信作だったので、主人も喜ぶだろうと、かなりの自己満足ぶりでした。
美味しいと言って貰えると思ったら、野菜が堅くて全然食べれない、無理!と言われました。


これは料理とはいえないような気もするけど、一番の問題は
コメントしているひとが多いように「味見をしていない」こと。

料理下手の特徴の一つが、無駄に自信家なのか、味見をしない。
自分の味付けを確かめずに誰かに食べさせるという発想が解らない。

そして、何故かアレンジしたがる。
しかも、基本から何かひとつだけアレンジするのではなく、突飛なことをする。
ひとつだけ変えてみるのならば、味が変わったときに原因がわかるが、
いろんなコトを一変に変えてしまうので、何が悪かったか分析できなくなってしまう。
そして、「おかしいなあ」などと言っているのだ。

おかしいのは、その人の発想だと思うが、本人はたいてい気づいていない。

歌が下手な人も同じようなところがある。

FNS27時間テレビ関係の番組で歌が下手なテレビ局員選びというのをやっていた。

それを見ていると、歌が下手な人ほど、難しい歌を歌っている。
スーパーフライとかいきものがかりとか、流行っているから歌うんだろうけど難しいよね。
音程が取りにくい上に、譜割りが独特なので歌詞と音を連携させにくい。

さらに、たいてい歌が下手な人はリズム感が悪いのにリズミカルな歌を選んで、
曲の進行と自分の進行が離れてしまう。
歌より早く終わったり、遅くなって違う場所を歌っていたり。

これは、いわばレシピ通りに歌えていないということで、料理下手と共通する。
しかも、微妙に自分なりのアレンジを加えたりする。

写真ベタも同じではないかという話になった。
最近はデジカメが良くなったこともあり(予算が少なくなったこともある)
取材の際にカメラマンを付けずにライターに写真も取ってきてもらう仕事が多い。

インタビューの仕事で、相手の顔写真を取ってきてもらうだけなのに、
相手の全身が入るほど画角を広くして取ってきたり、
周りが入りすぎて、出してはいけないポスターだの商品だのが一緒に写っていたり、
アップにしすぎて頭が切れていたり、変な感じで手が切れていたり、
とにかく使えない写真を取ってくる人がいるというのだ。

今はモニター付きだから、その場で確認すればわかりそうなことが満載の写真を
なんの反省もなく持ってくるのだという。
プロのカメラマンでも、最近はその場で自分でも確認し、
撮影相手に良く撮れた写真を見せて、その場で安心させる事が多い。
篠山紀信がAKBをとっている時でもそうしていた。
なのに、素人のくせに確認もしないで相手にも見せないで帰ってくる。

ポートフォリオは、顔が画面の3分の2くらいになるように縦長と横長を押さえる。
男性ならばネクタイの結び目が入るくらい、女性ならば、鎖骨くらいまで入れて取る。
顔をど真ん中に置かずに、顔を斜めにして向いている方の空間を少し多めに開ける。

などなど、基本となることはあるので、それを教えて撮りに行かせても、
現場の雰囲気で、とか言って、アレンジした写真ばかり取ってくる。
基本も抑えた上でアレンジした写真を取るのが常識だろと怒っても、
全然気がつかないというか、怒られている理由がわからない。

そういう人がいるらしい。

どの分野でも同じなのかもしれない。

何かが下手な人は、基本を抑えず、レシピ通りにやらない上に
途中の確認をして自分の達成度を確かめることもしない。
そして結果を評価されて「おかしいなあ」とか言っている。

仕事でもそういう事はありそうだ。

まずは基本を抑える。教わったとおりにやってみる。
自分のやり方があっているか、途中で確認する。
成果が出たらば、少しづつアレンジしてみる。
そして、いつの間にか自分のやり方が出来てくる。

そういう事なんじゃないですかね?
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。