スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この円高を被災地支援に生かせないのか

円高が進んでますね。

ドルよりもユーロの問題だと思うのに、どうして報道では1ドルいくらの話ばかりなのでしょう。

9:50現在で
1ユーロ=112.010688
1ドル=78.72
ということです。

財務大臣が何を言おうと、この円高は、EUの自爆ですから変えられません。
こんな相場に介入しても仕方がない。

そんなことよりも外国製の援助物質をどんどん輸入したらどうでしょう。

輸出企業の困ったばかりを考えるよりも、この状況を日本のために活かせませんかね。

目の前の状況をどうすれば日本全体にとって良い結果に持っていけるか。
そういう視点での議論が少ない気がします。
固定した枠組みで、日本の柱は輸出機械だから円高は悪といいますが
今、日本は、食品の輸入が必要になりますし(東北でコメが取れなくなるわけですし)
外国で生産している衣料などが安く国内に提供できるわけです。

この円高は、被災地支援にとって神風になるかもしれない。
国内の物資不足で進まない仮設住宅に輸入資材を適用したり、輸入住宅を投入できるし、
食料や衣料品などの生活に不可欠な物資の値下げが期待できるわけでしょう?

これだけ日本国の競争力が落ちているのに円高になるのはありがたいことではないのでしょうか?

株価は下がってますから企業にとっては辛いことも多いかもしれませんが、
限られた税収で多くの支援をするには、円高を利用する気構えが必要ではないでしょうか。

寄付金も外貨のものは円に変えずに、そのまま外貨で輸入物資に変えられませんかね?
そういうところに柔軟な対応をしてもらいたいのですがいかがでしょう。
円高なのに、無理に円に替えるとせっかくの義捐金が目減りしちゃいますからね。

使い方次第で、為替は損にも得にもなると思いますが、どんなものでしょうか。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。