スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お国の大事となれば労働強化も平気な日本人

今年の夏は、節電がトレンドで、とかいうと「そんな軽い問題じゃない」と
怒られそうなくらい、節電が一大テーマになっていますね。

しかも、その節電のために「土日休日から平日休みへのシフト」とか
「始業時間の一時間前倒し」とか、「自主的なサマータイム」とか
労働時間の変更が期間限定との約束ではありますが行われています。

しかも、こうした労働条件の変更を労働組合は無条件に認めているように見えます。
労働組合に図ってないのではないかと思われる企業さえ有ります。

なぜなんでしょうね?
サマータイムの導入がうまく行かなかったのは、これまで労働組合の調整ができなかったからだったはずなのに。
しかも、その理由は「労働強化につながる」からだったはずなのに。

1時間早く始まったからと言って、本当に1時間早く帰れるとは限りませんし、
明るいから何となく早く帰りにくい雰囲気もありますし、
結局、長時間労働につながるというのが、サマータイム導入への反対意見だったわけです。

そして、いま、どうなんでしょう。そうなってないんでしょうか?
土日から平日(木金とか月火とか)に休日が変更になった会社の社員は
お子さんとの「お休みの日に遊びに連れてく運動」の調整はどうなっているんでしょうか?

子どもは学校が土日休みですからお父さんのお休みの日は休めませんよね。
まあ、そのほうがお父さんはのんびりできて健康には良さそうですが、
子どもと接する時間は平日の放課後とかになっているんでしょうか?
子供だって、平日は塾とか何とか忙しいでしょうから、お父さんには構っていられませんよね。

平日に子供を休ませてあそびにいったりしてるんでしょうか?
最近の親御さんは、結構子どもを自己都合で休ませているそうですから、
そういう家も多いかもしれません。
まあ、もうすぐ夏休みだから一緒だと思っているのかもしれません。

でも、土日は子どもの世話を一人でして(これまではお父さんと分散できた)、
平日はお休みのお父さんお世話をしなければならない主婦の皆さんはどうしてるんでしょうか?
主婦の労働強化について、誰も語ってませんが、問題は起きないんでしょうか?

サマータイムは体に良くないという話もあります。

サマータイムは不健康…睡眠学会が反対を提言へ@YOL
> 夏季に時計の針を1時間程度進めるサマータイム制度について、「健康への悪影響が大きく、節電効果が乏しい」と反対する提言を、不眠症治療の専門医らでつくる日本睡眠学会が近くまとめる。

欧米でも問題はないわけではないそうです。
時間通りに働く彼らでも問題があるならば、時間関係なしに働くのが好きな日本のお父さんたちには弊害がありそうですね。

それにしても、「お国のためならば、滅私奉公」という感覚は、いつまでも抜けないものなのでしょうか。

お国のための節電に、身を粉にして働く人達の多いこと。
そして、本当にその努力に報いる成果は出るんでしょうか?
検証はどうなっているんでしょう。

夜間電力は余っているのに「節電」の名のもとに東京タワーの点灯時間を短くしたり、
ピークシフトが重要なのに、ピークを考えないで「節電」だの「大丈夫」だの言って
なんの効果もないのではないかと思われる策が多くありませんか?

単に、企業対抗節電合戦に勝利することを目標にしているような策ばかりに見えます。
しかも、節電は企業にとって費用の削減につながりますから、利益になるんです。
つまり、企業利益のために労働強化が行われていると言い換えることも出来ないでもない。

労働組合は、その辺、きちんとチェックしているんでしょうか?

発電所の稼働数が足りない現在の電力問題は、実は発電力が足りないことにあるのではなく
発電所から出た電気は使わなければ捨てるしかないということにあります。
つまり、無駄が多いけども、無駄を許容しないと、もっと大きな問題が起きる。
そう、ちょっとでも足りないと停電する(と脅かす)ことが問題なのです。

それを補うには、余った電気を貯めて再利用することが考えられます。

だとすれば、「電気を貯める工夫」つまり「電池」の話をもっと真剣にすべきでしょう。
不確実なことの多い自然エネルギーよりも優秀な電池の開発にお金を投入したほうが、
「ピーク対応で総電力量を減らす」という根本的な解決につながると思うんですが。

昼間使わない電気自動車に電気を貯めて、夜放電させて夕食時の電気をサポートしたり
オール電化の家庭には、電力会社が家庭用の蓄電池を配布して、
電力ピークシフトに積極的に貢献してもらうようにはからったり
出来る手は色いろあるとおもうんですが、どうして「蓄電」に行かずに「節電」ばかり
もしくは「脱原発」になっちゃうんでしょうか?

科学・技術の有効な活用で社会をもっと効率的に、効果的に変えられるように
科学・技術者の提案が必要な時期だと思うんですけどねえ。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。