スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京は暗い街だと実感した

3日にゴルフから帰ってきた際、湾岸側からレインボーブリッジを渡った。

20時過ぎだったが、レインボーブリッジから見た都心の姿は2ヶ月ほど前とは全く異なるものだった。

まず東京タワーが見えない。

高層マンションは部屋の明かりがあるからまだ何とか判別がつくが、
あまたある高層ビルの明かりが見えない。

うるさいほどに輝いていたネオンサインも看板の明かりも見えない。

まさに灯火管制下の都市だった。

観光客に背を向けるトーキョー@chikirinの日記
>今の東京は決して外部の人にとって観光に向いた都市ではありません。「いい印象」「快適な移動」「楽しい経験」を提供できる状況ではありません。

東京の人が「被災地のことを考えれば、これくらい暗いくらいでちょうどよい」と思うのは問題ありません。しかし、この都市が今、他都市からの(特に、海外からの)観光客に厳しく背を向けた都市になっているということは理解しておいたほうがいいと思います。



いまは飛行機で訪れた人にとっては、上空から見ても相当に暗いだろうし、
何より羽田から都心にモノレールで向かうときに
東京タワーがわからなかったら、相当にがっかりするだろうと思う。

chikirinさんが言うとおり、東京に住んでいる人間にとっては、この程度でちょうどいい。
でも、東京が外貨を稼ぐ気があれば、もう少し観光用の場所だけでも付けておいたほうがいいなと思う。

いや、多すぎるネオンサインや看板は暗いままでいいけれど、
東京タワーとか駅がどこにあるかくらいは、遠くからでもわかるようにしてくれということ。

今の東京は戦時下にあるのだなと思うくらい、客観的に見ると暗い。
千葉で暗いなと思うのはいいけど、東京に帰ってきたなと思うくらいの明るさは欲しいな。
レインボーブリッジもライトアップしたらいいんじゃないかな。
夜間電力は余力があるわけだから。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。