スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間さんの「お詫び」について考えた(その2)

勝間さんの「お詫び」について考えた(その1)

の続きです。

その1では「公開提案」って言われても、という話でしたが、
その2では、「宣伝責任」って何?という話を考えてみたいと思います。

彼女が、宣伝責任なんてことを言い出したので、ネット上では
「他の原発宣伝広告に加担した奴の話が聞きたい」だの、
朝生で原発推進に加担した、田原、池田はどうなんだ、だのという声が上がっているようです。

私は原発推進派か@池田信夫ブログ
>けさからツイッターで、やたらに「東電の手先」とか「いくら金もらってるんだ」とかいうコメントが来るので何事かと思ったら、勝間和代氏が謝罪したのでおまえも謝罪しろということらしい。でも申し訳ないけど、私は一度も「原発は絶対安全だ」とか「原発を推進しよう」とか言ったことないんだよ。

池田先生はNHK時代の取材知識で、原発のリスクについて語っているが、
安全だとは確かに言っていない。
発ガン率や、死者の出るリスクが他の事象(喫煙や自動車事故など)に比べて低いと指摘しているだけだ。

まあ、いつも極端なことを言っては物議を醸し出すのを生業としているような方なので、
その辺は、私にはどうでもいいのだけど、できれば、もう一言、
「原発の宣伝責任」という言葉についても、池田先生なりの意見が欲しかったところ。

朝生で何が語られたか、私は見てないので知らなかったが、
ホリエモンと勝間さんは原発擁護派だったんだね。
最近は便利なことに朝生を見忘れても動画で残っている(それが正しいことかどうかは別)。



勝間さんがなぜ、こんなに原発に「詳しい人」を演じているのかがわからない。
やはり、原発は安全で、今後のエネルギーの中心だと思って、
いろいろ調べたのだろうか? 勉強するスピードは天下一品だからね。
そして、「中部電力」の宣伝に出たのも、その成果を生かしたかったからなのか。



北村弁護士、勝間さん、やっくんという人選が面白いね。

それにしても、「宣伝責任」というのは、初めて聞いた言葉だけど意図はわかる。
ねずみ講の宣伝広告パンフで社長を褒めた演歌歌手が
その後紅白歌合戦に出られなかったとか、
怪しげな健康食品を飲んでいます、と飲んでないのに広告で語ったとか、
ヤクザの子供の結婚式に出席して歌を歌ったフォーク歌手とか、
そういう「不正に加担した」もしくは「不正な事業の信用に加担した」のと一緒ということでしょうね。

それにしても、この勝間さんの「お詫び」の文章は納得がいかない点があるんです。
原発の安全性を宣伝するのに加担した私が馬鹿だった。
原発は安全じゃなかった、のに、私の理解が浅くて、安全だと「宣伝した責任」がありますね。
というならば、まだわかるんです。
電力会社に騙された!とかね。

それならば、ねずみ講の社長に騙された演歌歌手みたいなもので、悪気はない。

でも、この文章では、私は全て分かっていて、理屈では安全なんだから
いままで行ってきたことは間違っていない、という前提があって

・でも、それが理解出来ない人もいるのに配慮が足りなかった
>人によって感受性の違いがある、なしではなく、「そう感じている人が多く、不安になっている」という事実こそが、過去データよりも重要であり、その点を十分に理解できておりませんでした。

・東電や政府の人たちが、こんなに馬鹿だとは思わなかった
>私は、原子力政策がコンプライアンス面において高いリスクを持っていたことについて、過小評価していたことを認め、認識の甘さを痛感しております。

全て事実で、それを勉強した私は安全だと分かっていたけど、
そんな数字について知らない人に安全だというのは「理解出来ないこと」だと気がつかなかった私が悪い。

報道を見て、菅さんも東電も勘違いしてるのにすっかり驚いちゃいました。

その上で、私のような立場の人間は、
(政府の委員会の仕事もしてるし、電力業界のことも知っている評論家)
東電の仕事はしてないけど、東電に言わないといけませんよね。
>これまで中部電力及び電気事業連合会の仕事を行ってきたことの責任を勘案し、私自身も当事者の一人として本件についてお詫びするとともに、東京電力及び業界全体の改善に向けた申し入れを積極的に行っていくことを約束します。

それが私の「けじめのつけ方」なんです(キリッ)。

というところでしょうか。

以下の「公開提案」の中身については、論じるのは避けますが、
これは、公開提案になっていないという点だけを「その1」で指摘させていただきました。

よくわからないのは、「責任」という言葉です。
それについては、このブログを読んで更に考えてます。

原発で作った電気を使っている人は、原発に対して責任を負っているか@モジログ
>原発で作った電気を使っている人は、原発に対して責任を負っているだろうか。

私は負っていないと思う。

原発に対して責任を負っているのは、原発ではない発電手段を選択しうるのに、原発という発電手段を選択した人だ。


この手の議論(原発反対なら電気使うなよ、という奴)もよくありますが、
それに対する反論としては、秀逸だと思います。

それに比べて、「宣伝責任」はよくわからない。

ただ、私が思うには、勝間さんは「社会に有効性のある人物」というポジションを取り続けないといけないという「思い込み」があるんだろうなということですね。

でも、経済評論家(池田先生もそうですが)が技術的な面を含めて語るからややこしい。
さらに、どれだけスーパーウーマン足らんとしているんだろうとも思う。
なんでも分かる人でいなければ、自分の存在意義を満たせないんでしょうね。

その辺が気持ち悪いから、最近の勝間さんに対して萎えちゃうんですよねえ。
金融のことだけ語っている分には良かったんですが。

原発の安全性を訴える「宣伝」に出たことに対する「責任」をとるなんて意味ないです。
原発のお先棒を担いだからには、この際、東電に何とかしてもらうために私が活動しなきゃいけないんです。
というのは、あまりにも自分の能力を過大に評価した行動ではないのだろうか。

東電にしてみれば、中部電力のCMに出た人かもしれませんが、
お構い無く、ということで終わりじゃないでしょうか?


関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。