スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイレージ募金にみるANAとJALの温度差

マイレージカードを二種類持っている私です。

元々は、JALカード(JAL-SUICAカード)を長く使っていたのですが、
JALが危ういのを見てANAに切り替えを進めています。

今回、東北地方太平洋沖地震に関する寄附がマイルでできるようになったので、
両方から寄付をしてみることにしました。

そこで、両方について簡単にまとめると以下の通り。

ANAマイレージクラブ該当ページ

受付期間:2011年3月17日(木)15:00~2011年4月15日(金)23:59(日本時間)まで

申込方法:ANAホームページ「ANA SKY WEB」より、「1,000マイルを1口」としてお申し込みいただけます。
(1マイル=1円相当)

支援先:国際人道支援組織「ジャパン・プラットフォーム」


JALマイレージクラブバンク該当ページ

受付期間:記載なし

申込方法:7,500マイル以上7,500マイル単位でJALホームページからマイルを寄付していただく
(7500マイル=7500円)

支援先:社会福祉法人中央共同募金会

この違いに、両者の有り様というか、社会ニーズへの敏感さとか、
企業としての社会貢献についての考え方が透けて見えるようじゃありませんか?

なぜ、JALは7500マイル単位なのだろう。
少ないマイル数の端数を寄付したい人もいるだろうに。

ANAも1000マイルタインと言わずに、1マイル単位に出来ないのかなと思いますが、
これは、最小マイル利用が1000マイルからだから、システムの問題もあるかなと理解できます。

でも、JALは最小マイル利用が1000マイルからなのに、
7500マイルという大きな単位を設定した理由がわからない。

支援先もANAが経団連も支援している新しい組織を使っているのに対して、
JALは赤い羽根の共同募金という老舗を使っている。

実に対照的で面白い。
こういう所にも社風というのは出るものなんですね。

私は、結局、両方から寄付しました。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。