スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球の開幕は延期でいいんじゃね?

プロ野球の開幕が近づいてきました。
本当ならば25日から。

でも、もう少し待ってもいいんじゃないですかね?

巨人・渡辺会長25日開幕を厳命!開幕問題一刀両断@デイリースポーツ
>「開幕を延期しろとか、プロ野球をしばらくやめろとか俗説がありましたが、大戦争のあと、3カ月で選手から試合をやりたいと声があり、プロ野球を始めました。フェアプレー、緊張した試合をすれば見ている人は元気が出て、エネルギーが出て生産力が上がる」と力説した。

この言葉は再開する理由が脆弱であることを内包しています。
戦争直後の再開は、「選手からやりたいという声があった」のだという。
では、今選手たちはやりたいのか?

新井選手会長、開幕は「延期すべき」…東日本大震災@スポーツ報知大阪版
>日本プロ野球選手会は、25日の開幕の延期を強く主張した。会長の阪神・新井貴浩内野手(34)は「被災された方を野球で勇気づけたいのは同じ。ただ、現在も余震が続いて、被害も拡大し、電力も不足するなか、25日に開幕するのはどうか、延期すべきではということです」と説明。

金本、25日開幕に猛反対「勇気を与えるのは、もう少し落ち着いてから」…阪神@スポーツ報知全国版
>金本が沈黙を破った。セが「3・25開幕」の方針を固めたことに、黙っていられなかった。

 「今、被災者のことを思うと、野球開催どころじゃないというのが正直な気持ち。勇気を与えるというのは、もう少し落ち着いて、食事ものどを通り、電気も通って、ある程度生活が確保されてから『さあ、がんばろう』という気持ちになると思う」


さすがアニキです。

サッカー他のスポーツもどういう興行形態を取るべきか検討中です。

ナベツネ会長が言うとおり「選手がやりたい」という気持ちと
「野球が見たい」という被災者の気持ちが一緒になっているならば、
開催しようという機運が高まるに違いありません。

でも、選手はやる気になれない、被災地はまだそれどころではない、
ドーム球場で野球やれば電気は食うし、お客さんが入るかも未知数。
どこにも「開催の理由はない」というのが本当のところではないでしょうか。

ナベツネ会長は「エネルギーが出て生産力が上がる」といいますが、
結局、産業重視の発想で、むしろ国威発揚を総意で実現的な、
挙党一致体制を目指しているのでしょう。

誰の徳にもならないようなプロ野球の早期開幕は見送られるべきだと思います。

それより、この爺さんを放置せずに何とかしてほしい。
大正力にでもなったつもりなのだろうか?

関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。