スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンフルブログのカンフル剤は「ブログ有識者」らしい

先日、菅総理のブログの記事を書いていたわけですが、

関連エントリ:菅総理のブログはKAN-FULL剤になるか
>このネーミングの是非はおいておいて、このブログの存在知ってました?
私は知りませんでした。


このままではいけないと思ったのか、有識者との懇談会があったそうです。

ブログ有識者として、官邸にお呼ばれしてきました@みたいもん
>なんでも有識者会合というやつで、これが正式な会合の名前であるかどうかは知りませんが「福山官房副長官と下村審議官に対するインターネットを活用した政府広報に関する有識者会合」というタイトルがついておりました。

いしたにさん以外にも、ネタフルのコグレさんや藤沢久美さんが呼ばれていて、
裏ではこの方が汗を書いてらした様子。

福山官房副長官と下村審議官に対するインターネットを活用した政府広報に関する有識者会合 に行ってきた。@裏4K
>内閣官房の中に、前に仕事でお世話になった方がいて、ブログを含めたソーシャルメディアの使い方についてブロガーの意見が聞きたいとの話をいただいたので、意見交換会の企画についてアドバイスさせていただいたところ、出席してほしいとのご要請をいただいたから。

しかし、まだまだ成果が出るには時間がかかりそうなのは、
そのことに触れたブログ記事からも伺える。

第16話【公開】 外交文書、長官会見…着々進む情報公開@カンフルブログ
>2月10日、官房長官の会見が、初めてフリー記者等にもオープンに。18日には、政権交代後4回目となる外交文書公開。26日、カンフル・ブログ100万アクセス。情報を届ける努力は続きます。

100万アクセスあるんですね。こんな地味な100万アクセスを初めて見ました。

>去年11月にスタートした、カンフル・ブログ。
このほど、アクセスは100万件を超えました。
振り返れば、菅総理は就任直後から、情報の発信や
公開の大切さを強調してきました。


そうした効果が、私たちには見えないのはなぜなのでしょうか?

公文書管理法の改正、記者クラブ以外のジャーナリストの取材参加、そうした記事の最後に

>更に、先週土曜日。今度は官房副長官が、
著名なブロガーなどの皆さんと意見交換。
より意味のある情報発信を目指して、菅政権は努力を続けます。


でもどれだけ伝わっているのだろうか、その事実が。
ここは、いしたにさんが書いているように

>やっぱり、このやり方ではもったいないですよねえ。

だし、四家さんが書いているように

>ブログがダメと言うことではなく、使い方の問題が大きいと思われる。たとえば現在のデザインでは「誰がその話をしているのか」分かりにくい。
「誰か」が何かを「語って」こそのカンバセーショナル・メディア=ブログである。
「誰か」がはっきりしないのなら普通のウエブサイトでいいはずなのだ。


という事だと思う。

そして、せっかく有識者会合をしたのだから、
そこで出た意見をきちんと受け止めて修正すべきだろう。

藤沢久美さんは、鳩山さんの時にもさとなおさんと一緒に手伝っていた方なわけで
こうした時給の高い人にきてもらって、おはなし承りましたはないなと思う。

しっかり改善していただかなければ、あまりにもったいない。
でも、そうした「もったいなさ」が民主党政権の特徴にも思えるのだなあ。

関連エントリ:民主党は「政治主導」を誤解してたのではないか


関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。