スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JASTJ賞の応募はまだ受け付けているようです

久しぶりにJASTJ(日本科学技術ジャーナリスト会議)のサイトを見たら

「科学ジャーナリスト賞2011」―ただいま推薦受付中!―

とありました。

>「科学技術ジャーナリスト賞」は来年で6回目を迎えます。昨年の5回目の選考から、JASTJ会員のみなさまから参加者を募って、ウェブ上のヴァーチャル書評委員会を立ち上げ、電子メールのやりとりを通じて、候補作の発掘と評価に取り組むことにしました。
1年を通じて、書評委員会が活動し、質の高い作品を逐次探し出し、科学ジャーナリスト賞審査委員会に定常的に推薦する仕組みを設けるのが狙いです。


過去の受賞作品は、以下のように

「科学ジャーナリスト賞2010」が決定いたしました
【科学ジャーナリスト大賞】
日本放送協会(NHK) チーフプロデューサー 井手真也殿、ディレクター 植松秀樹殿
『素数の魔力に囚われた人々~リーマン予想・天才たちの150年の闘い』の番組に対して

科学ジャーナリスト賞2009の授賞式を行いました
【科学ジャーナリスト大賞】
サイエンスライター・イラストレイター           北村雄一殿
『ダーウィン『種の起源』を読む』(化学同人)の著作に対して

と、テレビ番組、著作を問わない幅広い作品に与えられています。

>■授賞対象
・選考委員を除くすべての人に開かれ、自薦、他薦を問いません。授賞対象となる成果は、広い意味で科学技術ジャーナリズム活動、啓蒙活動全般で、2010年4月から2011年3月末までに新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、出版物などで広く公表された作品(記事、著作、映像など)です。特筆すべきものがあれば、その他の分野も対象とします。他の賞との重複受賞も可能といたしますが、海外の作品を翻訳したケースは除きます。WEB作品など、閲覧する際に有料もしくは、個人情報の登録が必要なものは対象外です。ただし、パスワードやサイトに関する資料などを提供してもらえる場合は対象になります。



2月28日締切りだったのですが、3月20日まで延長しているそうです。

選考委員も豪華。

◆外部委員(敬称略)五十音順
相澤益男(総合科学技術会議議員)、浅島誠(東大名誉教授)、白川英樹(筑波大学名誉教授、ノーベル化学賞受賞者)、村上陽一郎(東大大学院総合文化研究科特任教授)、米沢富美子(慶大名誉教授)、
◆JASTJ委員
武部俊一会長、瀬川至朗副会長、柴田鉄治理事、小出五郎理事、滝順一理事



ぜひ、この際申し込んでみてはどうでしょうか。
自薦他薦は問わないらしいし。

詳しくは、こちらのページまで。

この本も受賞作でしたね。

ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係 (岩波科学ライブラリー 生きもの)ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係 (岩波科学ライブラリー 生きもの)
吉田 重人 岡ノ谷 一夫

岩波書店 2008-11-06
売り上げランキング : 62719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。