スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気タクシーに乗りたい(オキナワとか大阪だけど)

電気自動車も日産がリーフを販売して、本格的に普及しそうな感じ。

その日産・リーフを使ったタクシーが全国で始まっているようだ。

パンダ無線が「電気タクシー」導入-沖縄本島内で初@那覇経済新聞
>那覇・首里地域や沖縄本島南部を中心にタクシー運行を展開するパンダ無線グループ「つきしろ交通」(南風原町)が2月22日、自社営業所内で電気自動車(EV)をタクシー車両として使う「電気タクシー」の出発式を行い、電気タクシーの運行を開始した。使用する車両は日産自動車のEV「リーフ」で、2台を導入。沖縄本島内で電気タクシーを導入するのは初めて。

本当に先行して、宮古島や伊江島ではすでに始まっている。

>県内では、「まるちくタクシー」(宮古島市)や、「伊江島交通」(伊江村)がEVを導入し運行を開始したほか、県内レンタカー各社がEV 220台を導入。EV用の充電設備を整備する共同会社「エー・イー・シー」(那覇市久米2)が沖縄本島内18カ所(27基)に設置しインフラの整備にあたっている。そのほか、旅行会社もEV体験を前面に打ち出した沖縄旅行商品を販売するなど、EVの普及に向けた動きが活発化している。

沖縄のタクシーが全部電気自動車になるのはいいなあ。

世界遺産である屋久島では先行しているから、これが沖縄にも広がった感じ。

日産と鹿児島、屋久島でのEV普及で連携…世界遺産守る@レスポンス

これは提携だけだね。実際に走っているタクシーは、2011年2月18日からなのか。

屋久島のタクシーに鹿児島県内初EV導入/ハニ交通@373ニュース
>九州運輸局鹿児島運輸支局によると、九州では福岡市でEVタクシーを導入した例があるが、県内では初めてという。

これもリーフ。
他にも、ここ数日で幾つかの県で電気自動車のタクシーが走り始めている。

県内で初めて 飯田のタクシー会社、電気自動車2台導入@信濃毎日WEB
>飯田市上殿岡の「南信州広域タクシー」が、北陸信越運輸局(新潟市)管内の長野、新潟、富山、石川4県のタクシー会社で初めて電気自動車(EV)を2台導入し、21日、飯田市役所で出発式があった。

車は高いが、総工費が安いらしい。信濃毎日の記事によれば、
>走行距離1キロ当たりの電気・燃料費はEVが1円ほどで、通常タクシーの約1割という。EVは通常車に比べて車体が高額な点なども考慮した上で、運行結果が良ければ、さらに台数を増やすことも検討する。

だから、電気タクシーでも料金は通常と一緒にしている。

東北初 EVタクシー運転開始@ヨミウリ・オンライン宮城版
>泉タクシー(仙台市泉区)は東北のタクシー会社で初めて電気自動車(EV)1台を導入し、18日、営業運転を始めた。街中を走り回り、通行人らの注目を浴びていた。

ここでもコストの話が。

>導入コストは、無線や料金メーターなどを含めて約480万円。国から補助金約78万円を受けたが、通常の営業車両(約200万円)に比べて2倍かかった。ただし、燃料代は通常の1割ほどと見込まれ、2年間で投資を回収できるという。

プリウスのタクシーもあるけど、リーフのタクシーの方がお得な感じ?

大阪市や神奈川県でも既に開始されている。

それにしても、リーフばかりで他の自動車会社はどうしたのという感じ。
そこで発見したのが屋久島での取り組み。

i-MiEVで世界遺産・屋久島自然体験!!@三菱自動車EV-Lifeブログ
>今日は、JTB・オリックス自動車・三菱自動車の3社が、
世界遺産屋久島自然体験の旅を共同開発
という話題をお届けします


これは単発のツアーか。

日の丸リムジン、電気自動車タクシーを都心で運行開始@エコ誠
>東京のハイヤー・タクシー会社である日の丸リムジンは3月25日、電気自動車(EV)を採用したゼロエミッションタクシー29 件「ゼロタクシー」2台の運行を開始した。

こちらは、2010年の3月だから先行している。
でも観たことないなと思ったらば、エリアが狭いようだ。

>導入したEVは三菱自動車工業の「i-MiEV」で、大丸有地区を流し運行する。

>営業範囲は、1充電あたりの航続距離の関係から、大丸有地区を中心とした山手線沿線地域となる。運行時間は平日の8時30分~18時30分で、電話での予約も受け付ける。

どうも、三菱の記事は分が悪いな。早くに展開していたのに。
やはりベースが軽自動車だから車体が小さいというのが問題のようだ。
でも、ひとり利用ならば十分だし、タクシーがみんな大きくなくてもいいんじゃない?

その点でリーフが大きさも3ナンバーだし、プリウスタクシーあたりと遜色ない。
そこで、一気に今年に入って加速したとみるべきかな。

大阪でちょうど、こういうイベントがあるらしい。
oosaka.jpg


大阪府 電気自動車(EV)タクシー普及啓発事業
みらいタクシーは幸せを運ぶ!電気自動車(EV)タクシー【エボット】に乗ろう!
無料体験期間:2011年2月15日(火)~3月9日(水)


エボット(EVOT=EV On-demand Taxi)とは?
このたびのEVタクシー普及啓発事業では、オンデマンドで走るEVタクシーの愛称を、エボット(EVOT =EV Ondemand Taxi)と名づけています。エボット イイゾウくんが目印です。
※本事業は、EVOT共同企業体が大阪府から業務を受託して行っています。EVOT共同企業体は、兼松株式会社、兼松コミュニケーションズ株式会社、株式会社JTB西日本、株式会社システムオリジン、株式会社パソナ、株式会社モーションの6社で構成されます。


観光タクシーでも呼び出しタクシーでも使えるらしい。
それにしても、オンデマンドタクシーという名前が仰々しいね。

予約が電話じゃなくて、ネットを使って端末やサイトからできるってだけでしょ。

それが電気自動車なわけだ。

来週大阪に出張で行くけど、梅田の方には行かないなあ。残念。

語尾に「ぞう」をつける宣伝Twitterエボット イイゾウくんエレファちゃんもあるらしい。
公式ブログもあるけど、こちらはイベント宣伝系かな。

しかし、この手の宣伝には、ゆるキャラつくってTwitter使うというのが定番になってますね。
一気にゆるキャラとTwitterがセットになってきたなあ。
うざいなあ。

そうそう、電気自動車のタクシーの話でした。
トヨタとHONDAはどうしてるんだろうね。
ハイブリッド競争で、こうした動きから一歩引いているんだろうか。
でも、公共交通機関や自治体の公用車需要などを考えると、
今後、プリウスからリーフへの動きが進みそうなカンジがするなあ。

フィットじゃ、そうした需要には入り込めないし。
燃料電池車も、まだまだハッキリしない。

日産のリーフの広げ方の旨さが目立つ感じがしますね。
早く乗ってみたいです。
関連記事
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。