スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方議会にポスドクはいかがでしょう?

新潟州だの、中京都だのが、「流行病」かどうかはおいておいて、
地方分権の話題が豊富な今日この頃。

愛知知事、片山氏の「流行病」発言に抗議@sahi.com
>愛知県の大村秀章知事は17日、総務省で片山善博総務相に会い、片山氏が記者会見で大村氏らが掲げる中京都構想について「流行病」という表現を使ったことに「遺憾」と抗議した。片山氏は「『流行病とは言いませんが』と言った」と釈明し、「大都市再編については真剣に議論したい。意見を聞かせてほしい」と応じた。

また、Twitterで橋本大阪府知事をフォローしていると、最近毎朝のように
大阪市長を挑発しているツイートをみるハメになる。

地方分権と、その受け皿となるような地方自治体制の構築を提案する自治体首長が
「流行病」にかかっているとは思わないが、「流行っている」のは間違いない。

でも地方分権して、本当に大丈夫なのと思わざるをえない。
地方自治体の首長も含めて、そんなに大きな仕事をしていない人は多いわけで、
地方に渡して、その仕事を誰がやるのかという問題に早晩突き当たるだろう。

東京都や大阪府や愛知県当たりは、優秀な学生が大企業と天秤にかけて就職していたり
皇族の旦那さんがいたりするのだから人材は豊富に違いない。

でも、地方自治体の職員は、地元採用が多いし、地方公務員試験を通っていても
それほど地方自治に長けているわけでも、多額の予算の管理ができるわけでもないと思う。
役所の中にも優れた人材はいるかもしれないが、
多くは「地方分権」で手にした予算や権利が、手に余る状況になるだろう。

多分、そこで起きるのは中央官庁からの「天下り」であったり、
大規模自治体からの「転職」もしくは「ヘッドハント」ではないか。
地方自治体が手に余る仕事をしてくれる人材を中央に求めることになる。

そして、地方職員がレベルアップしたとして、議会はどうだろう。
旧態依然とした利益代表や地方の名士の上がりの仕事のような地方議員の多くは、
多額の給与と少ない仕事で、自治体首庁批判や昔ながらの政党の意向だけで
特に何も考えずに議員生活が営めるだろう。
しかし、それでは、地方分権が進んで高度化した役所の職員が提出する議案や
中央官庁からの落下傘首長(これも増えそうに思う)と本当に戦っていけるのか、
また一緒に地域を良くしていけるのか?

ただ抵抗勢力とみなされて、誰もなりたくない職になってしまうのではないか?
いまの阿久根市議会のように。

そこで首長や議会にも、仕事をしてくれる若者を都市から求めてはどうだろう。

パンが無いならケーキを喰え的 立候補の勧め@chikirinの日記
>この前、「地方議員って存在価値あるわけ?」というエントリを書きました。(→こちらです) その後、本屋さんをうろうろしてたら、こんな本が出てるのを見つけた。どちらも昨年後半の出版だから結構新しい。

読んでみて、なるほど合理的だよねと思いました。先日のエントリでも触れたけど、小さな行政区の議員だとホントに少ない票数で当選できる場合がある。だったら若い人だって、この就職難のご時世、就職先のひとつとして地方議員を目指してみるというのはひとつの合理的な判断だと思った。


最近出版に漕ぎ着けた人気ブロガーも、地方議員に若者が立候補してはと問うている。

若者が国会を目指すのもいいけど、地方議会からこの国を変えるのも「あり」ではないか。
国の予算を動かすよりも、地方の予算を動かすところから始めれば金額は小さいが
現場からは近い予算を変えていけるのではないか。

そしてそこに、ワーキングプアだと言われる博士卒はいかがだろうか?
世間知らずの博士ばかりでも困るが、博士課程卒のロジカルな発想で
地方の「当たり前」を変えていかないと地方分権をまかなえる体制にならないとも考える。

年齢的にも地方議会ならば立候補可能だし。
28歳で政治家になる方法―学歴・職歴・資格一切不要!  25歳以上なら誰でもなれる!28歳で政治家になる方法―学歴・職歴・資格一切不要! 25歳以上なら誰でもなれる!
田村 亮

経済界 2010-11-25
売り上げランキング : 3644

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


地方分権で、無駄な金が地方に回る前に、地方が変わるきっかけとして
地方議会に若者があふれるような、そして、彼らが積極的に活躍するような状況が生まれたら。
大きくこの国が変わるかもしれない、と妄想が広がります。

地方政治から何かを変えていく尖兵として高学歴ワーキングプアの皆さんは
今度の統一地方選挙に(統一自治体選挙と言い換えたいけど)立候補されてはどうかと。
若くて優秀な若手ポスドクのうちならば、地元自治体には受かると思うけどね。
研究の現場にしがみつくよりも科学政策を地方から進める方に回ってはどうでしょう?

1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法
佐藤大吾

ダイヤモンド社 2010-10-01
売り上げランキング : 2136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
ちきりん

イースト・プレス 2011-01-20
売り上げランキング : 120

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

テーマ : 考えるヒント
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。