スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010M-1も終りましたね(各論)

2010M-1も終りましたね(総論)で、審査員の話とここ数年の衰退の話を書きましたが、
こちらは、今回のM-1に関するお話です。

参考に、こちらのブログをお目通しくださることをおすすめします。

M-1グランプリ2010 決勝大会 感想@じゃがめブログ
>色々物議を醸しそうな終わり方だったけど、私的に大満足でした。各芸人の良いところが出てたし、ドンスベりしたコンビもなかった。唯一無名だったスリムクラブはヒーローへの足がかりを掴みました。スリムクラブは、前述のとおり、まったく優勝する必要がなかったですしね。これ以上無く大団円だし、かつてなく楽しめたM-1でした。願わくば、スリムクラブが優勝しなかったことと政治を結びつけるような論調が出ないことと、スリムクラブと比較して笑い飯を貶めるような論調が生まれないこと。それだけを願います。お笑いでそんなことが有って欲しくない、と思うのです。

お笑いへの愛が満ちたエントリです。

あと、やはり、お笑いポスドクの分析も欠かせません。

私が観たM-1グランプリ2010(2) 各組所感 前編@サンキュータツオ教授の優雅な生活

私が観たM-1グランプリ2010(3) 各組所感 中編@サンキュータツオ教授の優雅な生活

私が観たM-1グランプリ2010(4) 各組所感 後編@サンキュータツオ教授の優雅な生活

さて、私は去年、M-1を見た感想として、こんなことを書いています。
>M-1は漫才の一基準を作ってしまった番組ではあるけども、
今後の漫才を広げるものにはならないかもしれません。


しかし、今年は漫才の基準を示しつつも、今後の広がりを感じさせる新人の登場、
そして10年を締めくくる常連組の優勝という形になり、
番組としての出来は、ここ数年で一番良かったように思います。

漫才とは何か、という永遠の問いに加えて、さらに高度な「これは腕なのか、天然なのか」
という問いを投げかけたスリムクラブの登場、
お笑いデコンストラクションという感じがしたジャルジャルのネタ、
寄席芸という自分たちの出自を抑えつつ、それをM-1の観客用に拡張してみせたナイツ、
そして、揺るぎない「ダブルボケ」を通した笑い飯の9年目の優勝という大団円。

コンとか漫才かという問はすでに無意味になりつつあるように思いますが、
背景に設定をおけばコントだし、マイク一本ならば漫才になる。
マイク一本で舞台に二人で立ってしゃべるという芸に、いろんな要素が内包されて
漫才の可能性がどんどん広がっているという状況が、M-1の10年だったと思います。

一方で、漫才を取り巻く状況として、この5年ほどの1分ネタ番組の多発が、
見る側もやる側にも4分という尺を長く感じさせるようになったかもしれません。
改めて4分の長さと短さを感じたのが今年のM-1でした。

その4分という「短さ」の中にどれだけたくさんのボケを込めるか、
笑いを盛り込むかという「手数」の争いだったのが、ここ数年のM-1でした。
4分を一気に最後まで走り切る力技という点ではダブルボケという自らの強みを
徹底的に通して日本揃えた笑い飯が、圧倒的だったと思います。

でも、今回注目したいのは、その4分の使い方が変わってきたように思えたことです。

私が気になったのは、次の3組。
ツッコミがボケの間違いを正すのではなく、積極的に異常な世界に巻き込まれていく事で、会場がツッコミを応援する空気を作った(変なフレーズを間違わずに歌った事への共感があふれた)カナリア。
圧倒的な「間」を持ち込み4分の「長さ」を活かして、会場を変な空気にしたのがスリムクラブ。
漫才にお客さんの想像力を積極的に導入し、言葉を極限まで減らすというポスト・モダンの手法に出たジャルジャル。

その他のコンビについては簡単に。

ハライチとピースは、ボケの異常な行動を促進するためのツッコミの言葉の力が足らなかった。
ハライチは、ツッコミではなくボケへのフリ(状況の提供)だけというのが特徴だけど、
序盤になりたいもの3つではじめたのだから、その3つをもっとうまく混ぜ込めれば新しくなった。
ピースは、綾部のツッコミが言葉足らずというか乱暴な言葉だけなので又吉が立体的にならない。
南海キャンディーズの山里くらいとは言わないまでも、又吉の暗さとか異常さを粒だてる言葉がほしい。

銀シャリはその衣装からして80年代の漫才ブーム以前を思わせる古典的なネタ構成が、今やかえって新しくさえ感じた。
ナイツは、時事ネタで今年を振り返るという年末の寄席で有りそうなネタを、途中から自分で忘れるというシュールな構成でM-1の観客さえもつかめる寄席芸に進化させた。その力量は今後30年ナイツはどういう状況(余生の老人だろうが、先鋭的な笑いを求めるスタジオだろうが)でも観客をわかせていくシステムを掴んだと感じさせるものでした。

もっと受けていいナイツを妨害する紳助のボケは、M-1ならではの何らかの意図を感じさせます。
サンキュータツオさんが指摘するように。
>終了後、紳助氏「スリムクラブおもしろかった」 「いまいちウケへんかったけど」
など、あまりといえばあまりの発言。スリムクラブ91点 ナイツ92点をつけていた人とはなかなか思えない、進路妨害である。


パンクブーブーは、あれだけの言いにくいセリフを「噛まない」という力量と練習量に敬服します。
ただ、二本とも演じる時間が短かったんじゃないだろうか。
それとも、盛り上がったから短く感じたんだろうか。
4分を超えないというルールを逆手にとった「盛り上がっているうちに終わる」作戦かなとも思いました。

あまりにも同じ構成の二本だったことが災いしたパンクブーブーは、
同じ構成だと思っても、それを待っている笑い飯のように「オリジナル」を感じさせませんでした。
そこが敗因だったのでしょう。

さらに、言いたいことがありますが、長くなったので、次で。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。