スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーフラテス展にも行ったんだった

昨日、日本橋から銀座まで歩いたわけですが、その最後はggg

わが心の歌舞伎座展に行ってきました

銀ブラ写真館

今やっているのは「EUPHRATES展」。
>ギンザ・グラフィック・ギャラリーの2010年12月展は、<EUPHRATES(ユーフラテス)展 ~研究から表現へ~>を開催します。ユーフラテスは、慶應義塾大学 佐藤雅彦研究室卒業生の有志からなるクリエイティブグループです。大学の研究室を出自としているため、会社組織でありながら「研究」を活動の軸に据えている彼らは、研究によって得られた知識を活かし、映像、アニメーション、展示、グラフィックなどメディアを問わず新しい表現を生み出しています。

EUPHRATES Exhibition Poster

ピタゴラスイッチで有名なグループなので、いつものgggよりも子供連れが多かった。
ベビーカーで会場を回る人多し。
申し訳ありませんが、会場ではベビーカーはたたむのがマナーかと思います。

展示されているのは以下(ユーフラテスのHPより)
◎ 短編映像「ISSEY MIYAKE A-POC INSIDE」「イデアの工場」の上映
◎ 2355ID・0655IDの実物展示 ←いくつかは体験できます
◎ 未公開の実験映像「EUPHRATES NIGHT」
◎ この展覧会のための新作体験型展示「空間の輪郭線」

作品は映像が多いため、ミッドタウンで開催した
佐藤雅彦監修の『“これも自分と認めざるをえない”展』と同様に
滞留する観客が多いので、私は待つのが苦手なのであまり実は見られませんでした。

でも、認知科学をベースに、人間が快と思う映像の理由を分析し、
その理由を用いて新しく映像を製作するという慶応大学の佐藤雅彦研究室の
実働部隊というか別動部隊という感じのOB会社がユーフラテス。

まさにピタゴラスイッチの世界が、様々に展開されていました。

NHKの0655とか2355の映像。
img02.jpeg

大日本印刷(gggのオーナーでもある)の入り口の大画面映像『イデアの工場』
img06.jpeg

この方も、同じ日に観に行ったらしい。

銀座でピタゴラスイッチ@Bサイエンスコミュニケーション
>大人も子供も2時間くらいは軽く楽しめる。しかも無料。

開催期間はあとわずか。この手のものが好きな人は急ぎましょう。


全くです。

『EUPHRATES(ユーフラテス)展 ~研究から表現へ~』
 期間:2010年12月2日~12月25日(土)
 場所:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)[東京・銀座]
 内容:慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の卒業生からなる、クリエイティブグループの展示
 URL:http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/index.html
   :http://euphrates.jp/archives/727

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。