スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学技術か科学・技術か、だったら技術科学は?

日本学術会議が科学技術ではなく「科学・技術」でと言い出した当たりから
議論が複雑になっているようですが、

科学と技術の間に「・」を 学術会議が首相に法改正勧告@asahi.com
>日本学術会議(金沢一郎会長)は25日、科学技術基本法を改正して「科学技術」を「科学・技術」と表記するように求める勧告を菅直人首相にした。

この件がまだもめていることを、モジックスさんのブログで知りました。

「科学技術」を「科学・技術」にするか、という話でまだモメているらしい@モジログ
>政策とかぜんぜん関係なくて、「科学・技術」にすると、単に日本語として誤解が激増してしまう、というだけの話に思える。記事中にも、<ただ、「・」を入れると「先端科学・技術」「総合科学・技術会議」のようにわかりにくくなる>という例が説明されているが、その通りだろう。

元記事はこちら。

譲れない「・」 科学技術か科学・技術か、専門家バトル@asahi.com
> 「科学技術」と「科学・技術」。表記をめぐり、譲れない攻防が続いている。学者の国会とも呼ばれる日本学術会議が「科学・技術」を使うのに対し、科学技術政策の司令塔の総合科学技術会議は再び「科学技術」に戻した。「・」にこだわる背景には、政策の方向をめぐる意識の違いがある。

総合科学技術会議が、元に戻したというところがミソでしょうか。
たしかに、単なる科学と技術という意味ならば「科学・技術」としたいところだけど、
これに前後に文字が付く場合には、何と何が並列なのかが分かりにくい。

science and technologyなのだから、科学・技術なのだという議論で、
私が元所属していた科学誌では、科学・技術としていた。

8月の勧告でも、日本学術会議は字義のとおりに使われてないことが問題だとしている。
>勧告は「科学技術」を「科学に基礎付けられた技術」の意味で使われがちで、技術重視になると指摘。短期的に結果を求める成果主義に偏り、将来につながる科学の基礎研究が軽視されることを懸念している。

ただ、モジックスさんが言うように「表記の問題じゃないの」と思う人もいるし、
「その表記にこそ、根本的な意識の問題が現れているのだ」、と鼻の穴が膨らむ人もいる。

いっそ、「技術科学」としてはどうなのだろう?
>杏林大学の金田一秀穂教授(日本語学)は、こうコメントしている。

<日本語は語を構成するとき、前項が後項を修飾するものと、同格で並列するものとがある。「・」は並列関係を明確にするが、そもそも日本語の表記にはなく、並列だからといって、入れないといけないわけでもない>。


日本語は、前の語が後ろを修飾するから「科学技術」というと、
「科学」よりも「技術」が主役に見える。
でも、本来は翻訳語ですから、日本語にするときにそのまま並べたことが問題なのであって。
科学が主役だと思う人達は、「技術科学」とでもしたらいいんじゃないの?

中黒{・}を入れるかどうかというのは本質的なようで枝葉末梢な気もします。

岩波は「/」を入れた本を出したこともあったな。




日本学術会議と総合科学技術会議の間がうまくいっているように見えないほうが問題な気もする。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。