スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟議はどうした?

民主党というか、菅政権は、今回の国会審議で「熟議」と言ったわけです。

「熟議の民主主義」を考える@Yahooみんなの政治
>国会が衆参ねじれ状態にある中、菅首相は「熟議の民主主義」を唱えています。「熟議の民主主義」は可能か? そもそも民主主義とはどのような制度なのか? 識者らの意見を集めました。

ところが、問責決議だの、国会招致だの言っているうちに、
国会で審議したのかしないのか、国会中継を見ている人にも分からないような状況で
国会って終わったんですよね?

法案成立38%どまり 熟議より対立の国会閉幕@東京新聞
>第百七十六臨時国会は三日、六十四日間の会期を終えて閉会した。野党が参院で多数を占める中、菅政権として初の本格論戦の舞台だったが、沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐる対応のまずさや閣僚の失言続きで野党が対決姿勢を強め、法案審議は停滞。新規と継続を合わせた政府提出の一般法案の成立率は37・8%にとどまった。 

成立率なんて、国会のたびに議論していたかなと思いますが、
まあ、まれに見る低レベルの成立だったことは確かでしょう。

>臨時国会に政府が新規に提出した法案に限っても成立は二十本中、十一本で成立率は55%。法案成立率は、過去の「ねじれ」下でも低水準になる傾向はあったが、その中でも最低レベル。政権交代後、初の臨時国会となった昨年は十二本のうち十本、83・3%が成立した。政治主導確立法案や郵政改革法案、労働者派遣法改正案など、政権の肝いりといえる法案の成立は今国会ではゼロ。菅政権の苦境を物語っている。

菅さん自身は、この状況を招いたのは、どこに「理由」があると思っているんだろう。

首相「熟議の国会にしたかった」 共通番号制に意欲 @日本経済新聞
>「熟議の国会にしたかったが、なかなか難しいところもあった」と振り返った。

理由が見えない。

蓮舫氏、首相が掲げた「熟議の国会」は「残念ながら未到達」@産経MSN
>蓮舫行政刷新担当相は3日午前の記者会見で、菅直人首相が掲げた「熟議の国会」について「首相と私の『熟議』がまったく同義語だと思わないが、残念ながら未到達だと思っている」と述べ、今国会の議論が不十分だったとの認識を示した。

なんか上から目線ですねえ。閣僚として支えるべきなのに。

>蓮舫氏は熟議の国会を「すべての委員会を通じて本当の意味で政策論争し野党の対案、私たちのやっていることを正面から議論し深めて国民に示す」と定義。その上で、未到達となった原因を「ねじれ国会という条件は相当高い」と説明した。

ねじれ国会のせいにしてますけど、そんなの最初から分かっていたわけで、
ねじれているから、よく話しましょうというのが熟議なんじゃないんですか?

しかも熟議は国会議員だけのものではないらしい。

熟議型民主主義:名古屋では「無作為抽出市民」の第三者機関が論点に@中川秀直公式ブログ
>熟議型民主主義の一つのポイントは、無作為抽出市民の意見に公共性があると考えること。

ここは秘書の話ばかりだけど、面白いことをいう。
無作為抽出の市民が参加するのはいいのですが、
プロとして資格を備えている人はもっと自覚を持ってもらえないでしょうか。

国会議員がこんな状況だから、地方議会もまともに機能してない街が出てくる。
ブログ市長と市議会の対立とか、名古屋のリコール問題とか、
私の地元では、高校の後輩が市議会議員だったんですが市長選に出て負けて、今度道議に出るらしい。

そうやとんやが・・・@Today`s Topics 前苫小牧市議会議員 沖田清志のブログ
>あらっ、また止まってる。。
昨夕、ネットで議会を覗くと、またしても理事者の答弁調整で休憩中でした。
つい先日もあったばっかりなのに。。
(略)
はたから見れば、理事者の`(可決に必要な)過半数はなんとかなる´的な甘い判断の上に、明らかな`議論不足´にほかなりません。


彼も市議会では頑張っていたらしいけど、要は「提出内容」がちゃんとしているかどうかを
事前に見極めていないものが出ているから空転する。

それにしても、タイトルは「そうはとんやが」だとは思うけどね。

自民党政権下でも無理を通すような運営があったけれども、
民主党政権下では、議員とか政党が議会運営を「数の論理」だけで
自分たちに都合よく仕切っていくことばかり目指してはいないだろうか。
法案の可決に必要なのは、過半数だけなんだろうか。

この「数の論理」を批判していたのは菅さんだったように思うのだけど、
そこにあるべき民主主義として「熟議」を言い出したんじゃないの?

公明党に降られたから社民党に寄りかかるような、
まあ国民新党とまだ連立を組んでいるような態度を続けることは、
政策を論じるべき政党の取るべき態度には見えないのだなあ。

「熟議」ならば、熟議を貫けよと思うわけです。
言い出したことに対する責任感というか、言葉の重みに欠けるのが、
菅直人個人ならばまだしも、民主党政権全体に及んでおり、
それが鳩山政権から続く、この日本の国際的地位の降下に繋がっている。

だって、アメリカ大統領に「トラスト・ミー」とか言って、
さっぱり何も出来なかった人が、下げた信用を回復出来ていないうえに、
とうのご本人は議員をやめると言ってやめないわけですから。

国内での支持率よりも、国際的な信用回復をどうにかしてほしい。
そのためには、アメリカの言いなりになることではないのですけどね。
「武器輸出三原則の見直し」って、どう考えてもアメリカの指示通りでしょ?

もう、日本の姿をきちんと踏まえた政策を持つ新しい軸を作って、
政権を奪取していく必要を感じる。
それは、自民党でも民主党でもない。
大政奉還なのかなあ。

坂本龍馬が描いたような英明な個人の集約による政府運営をもう一度果たすには
どういう布陣がいいのだろう。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。