スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真似しちゃダメ:【読んだ本】ツイッター部長のおそれいりこだし

ツイッタ界で話題の加ト吉のツイッター部長こと、末広栄二さんの本。

AMNブッククラブ・キャンペーン 日経BP社『ツイッター部長のおそれいりこだし』プレゼント

にあたって、頂きました。



部長の文章がツイート同様軽妙洒脱なので、ちゅるっと読めるのですが、
うどん以上に腹持ちがいい、
いや、口当たりの良さに騙されると「あたってしまう」かもしれない一冊。

楽天ブックスの紹介では以下のとおり

>ダジャレだけで2万5千人以上のファンを集めたカトキチ部長。楽しく、深く、絶妙なそのノウハウを開陳します。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 ツイッター部長の日々
1章 思いやりと一体感でコミュニティを盛り上げる
2章 ダジャレ名言ツイートの秘密
3章 メディアになろう!
4章 ツイッター部長は接客業で磨かれた
5章 無謀に始めて映像的に進める


ダジャレだけでというけれど、そのダジャレに込められた深謀遠慮がスゴイ。
なぜ、その言葉に落ち着いたのかを書き込んでいるので、
そこは本書を読んでいただきたいけど、実に「深イイ」のです。

元々、社内の許可も取らずに始めたツイッターで、末広さんが他の企業の中の人と違うのは
・時間外の活動が多い
・自社商品を売ることではなく「うどんコミュニティ」をつくりたかった

という、目的設定と行動規範が全く違うこと。
それが、ブランディングにとって非常に強く働き、「ファンを作る」という結果になった。

場当たり的に見えて、非常によく考えぬかれた行動だったところが、
ツイッターで集客したいとか、マーケティングしたいと思っているレベルの担当者ではない。

だから、ダジャレでしょ、とか、つぶやけばいいんでしょ、というような理解で
真似しようと思うと、火傷をするどころか、食中毒を起しかねないのである。

この加ト吉のツイッターでの成功は、商品の力ではなく、
末広さんという個人の履歴に深く根ざした資質に負うところが大きい。

その来歴もまた、実にきらびやかなもので、
>【著者情報】(「BOOK」データベースより)
末広栄二(スエヒロエイジ)
栃木県出身。2年間米国カリフォルニア州ロサンゼルスに遊学した後、帰国して通訳、広告関連の仕事を経て、1984年に映像制作会社を起業。99年に会社を譲り、創業間もないレックス・ホールディングスに入社し、牛角のフランチャイズ展開に伴うブランディング、マニュアルの映像化、ブランド育成、社員・アルバイト教育、新事業立ち上げなどに携わり、執行役員となる。2005年にシャトレーゼに入社し、社長付執行役員。リゾートホテル、ゴルフ場、ワイナリーを支援(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


しかも、20年以上前にフリーミアムを体感していて、
映像会社時代に出始めたばかりのホームビデオの使い方を
幼稚園やお母さんたちに無料レクチャーして、その編集発注を受けたり
自社制作ビデオの売上を伸ばしていたというのだから
ソーシャル時代のマーケティングが身についた人なのだ。

そうしたサービス精神と商売につながる撒き餌の感覚が、
あのダジャレツイートに昇華したのだとすると、
やはり、一筋縄で行く御仁ではないと見た。

さらに、ちょっと女性的な言葉を使って対人感覚を柔らかくするという手法に
欽ちゃんがテレビで司会をやり始めたときに、55号時代と言葉遣いを替えたという話を思い出した。

悪いのはみんな萩本欽一である(Youtubeから削除されたのだけど、以下にまたあった)

以下の3分30分くらいに関根勤が証言している。




コミュニケーションのために何をするのか、ということを考えていくと
口調だとか、文面だとか、そういう表現の部分を意識しないといけない。
その原点は欽ちゃんだった。





その後、そういう工夫をする芸人がいない。
そして、ソーシャルメディアに、そうした工夫をする人が現れた。

そういうふうに見ると末広さんの登場は、ツイッター界の欽ちゃんなのかもしれない。

その後、縮小再生産がたくさん登場するかもしれないという意味も含めて。
だから、この本を読んでも真似しちゃダメなのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。