スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

領土問題は資源問題として新しい展開が必要なのではないだろうか

尖閣諸島に続いて、北方領土でもいろんな動きがありますね。

メドベージェフ大統領が視察に行ったり、
抗議のために帰国させたロシア大使がAPEC前にロシアに帰ったり、
でも、APECにロシア大統領を招待する菅総理

ぐたぐたですね。

そんな中、返還運動はどうなっているのでしょうか。

領土返還運動、「後継者育成が急務」 末松内閣府副大臣@道新WEB
>【根室】メドベージェフ・ロシア大統領の北方領土・国後島訪問を受け、沖縄北方担当の末松義規内閣府副大臣が7日、根室市を訪れた。末松氏は、領土問題解決には外交交渉に加え国内の返還運動の後継者育成が急務であるとして「関係省庁に元島民らの代表も加わってもらって会議を開き、具体策を検討したい」と述べた。

住んでいたことがある元島民と、その息子たちでは北方四島に関する意識が違うのも無理はない。
地元だって、本当に領土返還「だけ」を望んでいるわけではない。

>懇談会では根室市の長谷川俊輔市長が「領土問題を喚起する上でも隣接する1市4町の地域振興の支援を」と求め、末松氏は「地域の支援はしっかりやりたい」と答えた。

北方四島が、地域振興の「道具」になってはいないだろうか。

メドベージェフ大統領の訪問の模様が映像で流されていたけれども、
すでに多くの住民が住んでいて、工場ができているわけで、
あの人達に「出て行け、ここは俺達の土地だ」というのは
同じ話を「アイヌの人たち」が言うのとはだいぶ違う話なわけで。

その土地に「先に住んでいた」から「返還」ということであれば、
パレスチナをはじめ、多くの世界紛争と変わらない理由になってしまう。

中国における尖閣諸島問題も、ロシアにおける北方領土問題も、
たぶん、韓国における竹島問題も、
各国の内部事情を反映していて、政権の国内基盤が脆弱になるのを防ぐために
海外には強硬手段をとると見せるわけですよ.
しかも、その海外というのが日本ならば、こんないい相手はない。
だって、武力で対立する危険性はないし、
ひょっとすると経済条件を引き出せるかもしれないし。

同じことは日本国内にも言えるわけで、
国内の声を高めるには強硬になればいいのに、
左翼政権は、中国とロシアに弱いのか?

それはさておき、返還運動の後継者育成などを考えるよりも、
北方四島における経済復興を提案していくべきではないだろうか。

ロシアと北海道の共存共栄を目指した北方四島の共同統治をていあんすることで、
領土問題ではなく、経済問題として解決していくことは出来ないだろうか。
結局、国境問題は、今や資源問題なわけですよ。

国土の拡張に意味があるとすれば、それは勢力拡大よりも資源確保の問題。
でも、地球の表面積は限られているわけで、国土争いをするのではなく、
そこにある資源をどう地球全体のために使えるかどうかではないでしょうか。

国益をあらわにした領土問題で角突き合わせるよりも、
公益(地球全体の利益)を意図した資源問題としての、意見交換、知恵の交換を提案し、
紛争を防ぐ新たな国際問題解決手法を探っていくのか、
平和憲法を有する日本のあり方ではないのかと思うわけです。

菅総理とメドベージェフ大統領が国後島で、北方四島の協議をする。
菅総理と温家宝氏が尖閣諸島で、資源問題の協議をする。

そして、共同統治にもっていくことで、両国が利益を得られるやり方を探る。
あまりにも夢想が過ぎるのかもしれませんが、
世界の国境に意味が無いことを環境問題は提示しているわけで、
(自国内だけでは解決しないことばかり)
この際、資源問題に話をすり替えることで、
国境の曖昧化を進めていけないもんだろうか。

北海道出身者としては、北方領土海域で漁船が拿捕されたり、
ロシア漁船によって、資源の乱獲が起きたりするよりは、
共同統治で、道民もアイヌもロシアの民も
(遠くから連れてこられて働いている人達も多いだろうし)
みんなで豊かなオホーツクの海やアリューシャン列島海域を守りながら活かしていくことで、
周辺の人達みんなが豊かに暮らせないかと夢想するわけです。

だめですかねえ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。